タイ空港の全面禁煙について日本大使館から注意、空港内喫煙所も閉鎖

先日お伝えしたタイ国内の6つの主要空港が全面禁煙になったニュース(参照 タイの6空港が全面禁煙に!2019年2月3日よりスタート)。これ受けて在タイ日本国大使館は、注意をするよう呼び掛けを行っています。

◆タイ空港の全面禁煙について

●2月3日から、タイ国内の6箇所の空港では全面禁煙となっています。違反した場合は罰金支払いが求められますので、ご注意ください。
●タイでは、たばこに関して制限や罰則がありますので、併せてご注意ください。

報道等によれば、タイ国内にある6箇所の空港(バンコク(スワンナプーム、ドンムアン)、プーケット、チェンマイ、ハジャイ、チェンライ(メーファールアン))では、2月3日から全面禁煙となっています。これに伴い、各空港における喫煙所は閉鎖され、空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

なお、本件に限らず、タイではたばこに関して制限や罰則があります。違反した場合は罰金が科されます。支払いを拒否した場合は身柄を拘束される可能性もあります。

(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで
(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙
(4)たばこのポイ捨ては禁止

在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、上記次第を踏まえて十分ご注意の上、安全で楽しい滞在,休暇をお過ごしください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

(タイランドニュース 2019年2月5日)

2014_10250105s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの煙草が値上げへ、2019年10月より最低93バーツに

先日2019年よりタイで販売さえるタバコの価格が値上げするとお伝えしましたが、2019年2月4日の報道によると、タバコの値上げは2019年10月からになるようです。

タイメディア・デイリーニュースによると、タバコ産業公社(Thailand Tobacco Monopoly)が製造販売するすべてのタバコは、現在格安のタバコで60バーツほどで購入できますが、2019年10月から少なくとも93バーツになります。現在90バーツほどのタバコも値上げの可能性があるとのこと。

タイでは喫煙ルールが厳しくなっており、スワンナプーム・ドンムアンなどの主要空港では、2019年2月3日より全面禁煙になりました。今後タバコが値上げになるということで、そろそろ真剣に禁煙を考え始める時期かも?
(タイランドニュース 2019年2月4日)

2014_10230124s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

プーケット空港で喫煙者を通報して1500バーツ獲得!新禁煙ルールで新システム

2019年2月3日から始まる、公共機関の入り口から5メートル以内が禁煙になる新たな喫煙規制。これに合わせてタイの主要6空港では、全面的に禁煙になるというニュースを先にお伝えしました。(参照 タイの6空港が全面禁煙に!2019年2月3日よりスタート) そんな中、全面禁煙になる空港の一つであるプーケット空港での取り組みが話題です。

報道によるとプーケット空港のゼネラルマネージャーは2月1日、プーケット空港エリア内での喫煙者を通報することで、1,500バーツの報奨金を受け取ることができると発表しました。

報奨金を得るには、違反者の喫煙姿を撮影し、空港スタッフに写真とともに通報、さらに違反者が捕まることが条件。違反者には罰金5000バーツが科されます。

1日中プーケット空港内で喫煙者を探し回り、報奨金を狙う人が現れるかも。1日の最低賃金330バーツのプーケットでは、普通に働くより割の良い仕事かもしれないですね。
(タイランドニュース 2019年2月2日)

2014_10250053s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

スワンナプームなどタイの主要6空港、3日から全面禁煙

タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は今月3日から、同社が運営するタイ国内の主要6空港を屋外も含め全面禁煙にする。

6空港はバンコク東郊のスワンナプーム空港、バンコク北郊のドンムアン空港、タイ南部のプーケット空港、ハジャイ空港、北部のチェンマイ空港、チェンライ空港。
(newsclip.be 2019年2月1日 18時07分)

2015_02120042
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの受動喫煙対策、2008年より飲食店等で全面禁煙がスタート

最近日本では、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙が問題となっており、東京都では国に先駆けて、受動喫煙防止条例が2018年6月27日に都議会で可決成立しました。この条例により、都内では約84%の飲食店が禁煙になるそうです。一方タイでは10年も前から飲食店での喫煙禁止がスタートしています。

意外にもタイは喫煙には厳しい国で、2008年2月11日より飲食店などでの全面禁煙がスタート。喫煙をした者も、喫煙を許可した店側にも罰金が課せられます。そのため飲食店等では屋外に灰皿が設置されている場合が多いようです。ただし、2階席や個室など目立たないところでは喫煙を許可している店も少なくないようで、そこはタイの”緩さ”なのでしょうか。

また受動喫煙対策ではありませんが、タイで販売されるタバコのパッケージには健康被害を訴える(気持ちの悪い)写真を表示することが義務付けられており、されにテレビで放送される映画に喫煙のシーンがある場合は、煙草の部分にモザイクがかかるのです。
(タイランドニュース 2018年8月7日)

2015_07130079
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。