タイでのLINE使用者が4,200万人に コンテンツの増加で利用者増加を期待

SNSの中では、日本と同じようにタイにも広く行き渡っている LINEだが、タイの LINE によると、2017年のタイでのLINE の使用は4,200万人にのぼるという。

通話やメールをラインで利用している人が多いが、そのほかのサービスでは、2年前から LINE MANがオープンし、フードデリバリーや荷物配送、買い物代行などを行っているが、これは100万人が利用。

また、今年から始まった rabbit-LINEPAYのモバイル決済は450万人、そのほか、LINETODAYは320万人、LINEJOBSは50万人が利用しているが、今年で5年目に入る LINETVは2,000万人がダウンロードしており、同社によると1年に70%の伸びでここまできたという。

当初は韓国からのコンテンツなどを使用していたが、今ではニュースやドラマなど、オリジナルコンテンツも豊富で、タイ人に浸透しており、今後は地方にもさらに拡げていきたいとしている。
(DIGIMA NEWS 2018年12月6日)

2014_04090064
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクのエアポートリンク駅にステンレス柵、利用者に不評

バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架鉄道エアポートレイルリンクの駅のプラットホームにステンレス製の柵が設置され、「見た目が悪い」「安全性が低い」といった批判を浴びている。

タイ国鉄(SRT)の子会社でエアポートレイルリンクを運営するSRTエレクトリファイドトレインによると、当初は2億バーツを投じてホームドアを設置する予定だったが、エアポートレイルリンクがバンコク北郊のドンムアン空港、スワンナプーム空港、タイ東部ラヨン県のウタパオ空港という3つの空港を結ぶ高速鉄道計画に組み込まれたことから、将来的な仕様の変更を考慮し、設置を断念した。ステンレス製の簡易な柵に計画を変更し、4月に入札を実施、落札した業者と7駅分、計1345.7万バーツで契約した。

インターネットの交流サイト(SNS)では、バンコクの高架電車BTSや地下鉄MRTのホームドアと比較して批判するコメントが多い。テレビのニュース番組でも、1駅190万バーツという投資額に見合う出来なのか疑問視された。
(newsclip.be 2018年10月22日 01時39分)

2013_07170391          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

8月のエアポートリンク利用者、過去最高を記録

バンコク都心とスワンナプーム国際空港を結ぶエアポート・レール・リンク(ARL)を運営するSRTETは、8月の利用者数が運行開始から月間で過去最高となる210万人を突破したと発表した。

タイ地元紙によると、1日あたりの利用者数でも8月31日が過去最高となる8万5888人になり、月間売上も過去最高を記録したそうだ。
(newsclip.be 2018年9月5日 16時27分)

2013_07170389          (photo by 絵夢座)

※エクスプレス・ラインを再開したほうが良いのでは…

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?