森林拡大のため時代遅れの法改正へ

スラサク天然資源環境相はこのほど、国土全体における国有森林の割合を2037年までに55%に引き上げるという目標の達成のため、時代遅れとなってしまった天然資源に関する法律を改正する方針を明らかにした。

具体的には、法改正によって、天然資源の管理が改善され、官民の協力も強化されて森林エリアを拡大することが可能になるという。なお、現在国有森林の比率は32%。
(バンコク週報 2018年8月10日)

20171114
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。