タイ北部、2021年に入り大気汚染が原因で25万人が治療

2021年に入ってタイ北部では、主に大気中の過剰なPM2.5が原因で、25万人以上が鼻や目の炎症の治療を受けています。

保健省タイ保健省疾病管理局(Department of Disease Control)のスワンチャイ博士は2021年3月11日今日(木)、北部地域の季節性大気汚染問題は、喘息、冠動脈疾患、眼感染症のような呼吸器疾患の人々に大きな影響を与えていると語りました。また幼児、高齢者、妊婦にも影響が大きいとのこと。

スワンチャイ博士によると2021年1月1日以降、北部17県の病院や診療所を訪れて治療を受けた人は25万5千人を超え、そのほとんどが45~54歳の年齢層でした。

スワンチャイ博士は、ほこりが原因の病気にかかりやすい弱い人々には、できるだけ屋外での活動を避け、屋外では適切な医療用マスク (N95マスク)を着用するよう勧めました。また呼吸困難、吐き気、胸の痛みなどの症状がある場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があるとのこと。

(タイランドニュース 2021年3月13日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

最高気温40度超、大気汚染も タイ北部二重苦

タイ北部、東北部などで気温が上昇している。

20日の各地の最高気温は北部ターク市43.2度、メーホンソン市42.5度、ラムパン市42.5度、チェンマイ市40.2度、東北部コンケン市40.2度、ウボンラチャタニ市39.7度、中部ナコンサワン市42度、アユタヤ市39度など。バンコクは最高35.4度、最低28.7度だった。

北部、東北部では野焼き、山火事の煙霧による大気汚染も続いている。21日午前11時時点の空気質指数(AQI)はチェンマイ市139、メーホンソン市149、ウボンラチャタニ市203などで、それぞれ「健康への悪影響が始まる」とされる100、「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

新型コロナウイルスの影響で商業施設の閉鎖が続くバンコクはAQIが8~28と健康に影響のない水準だった。
(newsclip.be 2020年4月21日 11時22分)

20180306
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ北部、10年以内にM5クラスの地震が発生する可能性あり

タイ北部はもともと地震が度々発生する地域で、最近でもチェンマイやチェンライなど各地で体感地震が発生しています。

最近北タイで発生した体感地震はこちら。

タイ北部チェンマイ県ドーイサケット郡でM4.1の地震
タイ北部ルーイ県でM3.9の地震
チェンマイ県で2度の地震、震源地はオムコーイ郡
タイ北部チェンライでM3.0の有感地震発生、震源の深さは15キロ
タイ北部ランパーンで3月14日は20回の地震観測、有感地震はM4.1など3回
タイ北部ランパーンでM4.9の地震発生、20回ほど地震観測
タイ北部・チェンマイでM3.2の地震発生-2019月1月22日23時
チェンマイで小さな地震が続く

そんな中、報道によるとタイ王国鉱物資源局は、ここ10年以内にチェンマイとチェンライで、マグネチュード5クラスの地震が発生する可能性があると警告しました。この予測は、チェンマイ県メーリム郡を震源とする2006年12月に発生したM5.1の地震を含む、メーター断層の動きの分析に基づいているとしています。

なおチェンマイ・バーンポーンサーマキットでの地質学的研究で、この地域では約2,000年前にマグニチュード5.9の地震が発生したことがわかっているとのことです
(タイランドニュース 2019年10月20日)

2014_10220082p
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

首相が台風12号への警戒呼びかけ 北部で豪雨の可能性

台風12号(ポードル)が南シナ海から西に移動してタイに近づきつつあることから、プラユット首相は8月28日、タイ北部が数日後に大雨に見舞われる恐れがあるとして関係当局に注意を怠らないよう指示した。

ナルモン政府報道官によれば、今回の指示は気象局の予報に基づいたもので、首相はハイリスク・エリアが受ける被害の軽減策を打ち出すよう関係政府機関などに命じたとのことだ。
(バンコク週報 2019年8月29日)

2006_06250030
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ北部と東北部で深刻な水不足の恐れ 人工雨など緊急対策が急務に

国家水源事務所のソムキアット事務局長によれば、タイ北部と東北部の20県が深刻な水不足に見舞われる可能性の高まっていることから、プラユット首相に対し、緊急干ばつ対策7件の実施を求める予定という。

これらの対策は、人工雨を降らせる、運河や池を掘り下げ流水量・貯水量を増やす、井戸の修理・掘削、被災農家への賠償、貯水方法に関する教育などとなっている。

なお、国内の貯水施設の水量は現在、約380億立方メートルにすぎず、昨年同期を47%下回っているとのことだ。
(バンコク週報 2019年7月23日)

20171117
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!