たばこポイ捨て罰金水増し ガイドの中国人とタイ人逮捕

タイ警察は10日、バンコクの旅行会社でガイドとして働いていた中国人男(35)とタイ人男(39)を公文書偽造、不法就労などの容疑で逮捕したと発表した。

5日、この旅行会社のツアーでタイ東部パタヤ市を訪れた中国人男性が船着き場でたばこの吸殻を投げ捨て、パタヤ市職員から罰金処分を受けた。容疑者2人は男性に対し、罰金を建て替えておくと話し、職員に罰金2000バーツを払い、領収書の数字を3000バーツに書き換えた。ボートツアーから帰った男性は3000バーツを払ったものの、領収書の額が不審だとして、パタヤ警察署に届けると言い出したが、2人は「パタヤ警察はマフィアだ」などと言って、男性を思い止まらせた。男性は8日、バンコク郊外のスワンナプーム空港の警察署に被害届を提出。警察が捜査し、容疑者2人が領収書の数字を書き換えたことが明らかになった。

タイでは外国人がガイドとして働くことが禁じられている。また、外国人が就労する際には労働許可証を取得する必要がある。逮捕された中国人男はいずれも違反しており、警察は雇用者である旅行会社を外国人を違法に雇用した疑いで捜査している。
(newsclip.be 2018年10月11日 14時20分)

2016_09250009          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

子どももIDカードを持つタイ 外国人も身分証明書は必携

2018年8月2日、タイでは満14歳以上はIDカードを取得し、外出時は必ず携帯していなければならない。近年は満7歳から取得できるようになり、10歳前後でタイ国籍を持つ子どもの多くが申請を済ませる。小学校高学年になると学校側も当たり前のように身分証のコピーの提出を要求する。

現在のタイは公的な文書などの情報がオンライン化され、政府関係の事務所にある端末で情報を確認することができる。IDカードの申請時に指紋も採取される。警察関係者の話では事件現場で指紋が採取されれば、容疑者がタイ人の場合、すぐに身元が判明するという。オンライン化されたことで、パスポート情報などもリンクされることから、身分証とパスポートのアルファベット標記の違いもなくなるなどのメリットがある。

また、個人情報がオンライン化されたことのメリットは、地方出身者でもわざわざ地元に帰省する必要はなく、バンコク都の事務所あるいは出張所で身分証明書を発行することができる。タイでは出生時に出生証明書が発行され、このときに国民番号が割り振られる。IDカードはこの国民番号を元に発行される。紛失時の再発行には100バーツかかるが、初回発行は無料。

IDカードはタイ人の身分証明書になるが、外国人旅行者・滞在者も身分証明書は必携で、パスポートもしくはタイ政府が発行するタイの運転免許証などを常に携帯していなければならない。確認を求められることはめったにないが、もし不携帯の場合は拘束されることもあるので注意したい。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年8月2日 11時15分)

2015_07120113
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイの3空港接続高速鉄道計画、7社が入札資料取得

タイ国鉄(SRT)は18日、バンコク北郊のドンムアン空港、東郊のスワンナプーム空港、東部ラヨン県のウタパオ空港という3つの空港を結ぶ高速鉄道計画の入札資料の販売を同日開始し、7社が購入したと発表した。7月9日まで入札資料を販売し、11月12日に入札を行う予定。

7社は
・バンコクの高架電車BTSを運営するBTSグループ・ホールディングス
・タイ最大級の財閥CPグループのジャルーン・ポーカパン(CP)ホールディング
・タイ・ゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)
・タイのゼネコン、ユニーク・エンジニアリング・アンド・コンストラクション
・タイ国営石油会社PTT傘下のエナジー・コンプレックス
・伊藤忠商事
・中国の国有企業、中国水電―

計画は今年3月の閣議で承認された。スワンナプーム空港とバンコク都内のパヤタイ駅を結ぶ既存の高架鉄道エアポートレイルリンク(総延長28キロ、最高時速160キロ)をドンムアン空港とウタパオ空港に延伸する形で、▼ドンムアン空港―パヤタイ駅(総延長21キロ、最高時速160キロ)▼エアポートリンク・スワンナプーム空港駅―ウタパオ空港(総延長170キロ、最高時速250キロ)――を新たに建設する。スワンナプーム空港からウタパオ空港までの区間はチャチュンサオ県チャチュンサオ市、チョンブリ県チョンブリ市、チョンブリ県シラチャー市、チョンブリ県パタヤ市、ウタパオ空港の5駅を予定している。

鉄道開発にともない、バンコク都内のエアポートレイルリンク・マカサン駅前の土地24ヘクタールとシラチャー駅周辺の土地4ヘクタールを商業開発する。

タイ東部の鉄道、空港、港湾などを整備し新たな産業の誘致を図るEEC(タイ東部経済回廊)計画の一環で、期間50年(開発期間5年、運営期間45年)の官民連携(PPP)事業として開発する。
土地の確保を政府が担当し、民間企業が鉄道の建設運営、沿線開発などを行う。
政府の予算総額は1230億バーツ。2023年開業を目指す。
(newsclip.be 2018年6月19日 14時54分)

20171114

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。