プーケット、2021年7月1日から外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画

タイ南部プーケット県では2021年7月1日から、外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画をしています。それまでに100万回分近くの新型コロナウイルスワクチンが、地元住民のために用意されるとのこと。タイの国営ニュースメディアのNNT(National News Bureau of Thailand)が2021年3月25日に伝えています。

プーケット県のピチェット・パナポン副知事は3月24日、伝染病委員会が7月1日から外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画の提案を承認したことを明らかにし、「プーケット県は89日間に渡って新型コロナウイルス陽性者を確認していません。経済と観光部門を刺激するために、緊急にタイ国人観光客を受け入れる必要があります。」と語りました。

なお以前プーケット県の地元住民は平均で月収約4万バーツを得ていました。しかし2021年2月には月収約8,000バーツまで下落。このままでは7月には1,964バーツまで下落し、貧困ラインを下回るようになるとのこと。

副知事によるとプーケットの保健当局は、地元住民向けに7月1日までに93万回分の新型コロナウイルスワクチンを購入する計画。また受け入れる外国人旅行者の動きは、携帯電話のアプリで追跡します。

(タイランドニュース 2021年3月26日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

プーケット 7月からの外国人観光客受け入れを目指す

タイ国政府観光庁(TAT)によれば、風光明媚な観光の島として世界的に知られた南部プーケット県では新型コロナワクチン接種済みの外国人観光客を今年7月から隔離なしで受け入れることを目的としたプーケット再開プランを新型コロナウイルス感染症対策センターに3月26日にも提出する予定だ。

このプランを実現するためには、プーケット県民へのワクチン接種率を70%に引き上げることが求められている。具体的には4月15日までに少なくとも46万6587人に1回目の接種、5月15日以降に2回目の接種を行わなければならない。

また、外国人観光客に人気の南部スラタニ県サムイ島も外国人観光客の受け入れ再開に向けたプランを作成中。

(バンコク週報 2021年3月23日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

プーケットで外国人旅行者受け入れの「サンドボックス」モデルを試験運用へ

各報道によるとタイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は2021年3月19日(金)に、COVID-19状況管理センター(CCSA)に対して、外国人観光客を受け入れるための「サンドボックス」モデルをプーケットで試験運用するという提案を行います。

大臣によると「サンドボックス」は「トラベルバブル」に似ており、多くの住人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えた2つの国(地域)の人々が、お互い旅行が可能になります。

タイ観光・スポーツ省は7月からプーケットで「サンドボックス」モデルを試験運用開始する予定ですが、プーケットの7割の人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えている必要があります。つまり45万人に約90万回分のワクチンが必要です。また対象国は、中国になる可能性についても大臣は言及しています。

プーケットで試験運用を終えた後は、クラビとパンガーでも「サンドボックス」モデルを開始する見込みです。

タイ観光・スポーツ省は、10月1日の外国人観光客への国の開放を目指し、今後も様々な方法をCOVID-19状況管理センター(CCSA)に提案していくとのことです。

(タイランドニュース 2021年3月12日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ世論調査~過半数は外国人観光客の受け入れに反対、政府の対応へも不安

タイ国立開発行政研究院(NIDA; National Institute of Development Administration)は、外国人観光客受け入れについての世論調査を実施し、その結果を発表しました。調査は2020年10月1日・2日に行われ、18歳以上のランダムに選ばれた1318人から回答を得ています。

間もなく最長270日間タイに滞在可能な「特別観光ビザ」による外国人観光客の受け入れが始まりますが、回答者の56.98%がこれに反対でした。そのうち40.21%が新型コロナウイルスの第二波を恐れ、16.77%が政府の感染予防装置に不安をいだいているとのこと。

なお42.26%が経済や観光ビジネスの活性化のために、外国人受け入れを賛成しています。残りの0.76%は「ノーコメント」や「関心がない」でした。

また外国人観光客の受け入れが始まった場合、タイ政府に新型コロナウイルスの拡散を防ぐ能力への信頼度を尋ねたところ、62.61%が「ない」と回答。35.43%が「あまりない」、「全くない」が26.18%でした。
(タイランドニュース 2020年10月8日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

特別観光ビザに遅れ?10月8日の中国人観光客150人プーケット到着は延期か

最高で270日間滞在できるという「特別観光ビザ(SPECIAL TOURIST VIA:STV)」。既にタイCOVID-19状況管理センター(CCSA)より承認され、2020年10月8日にはその最初のグループとして、エアアジアのチャーター便で中国からの150人がプーケットに到着すると発表されましたが、計画が遅れる可能性があるようです。

一部報道では、「特別観光ビザ」のプロセスに大きな遅れがあり、それでも10月20日までには第1グループが到着すると伝えています。

さらに先の10月1日にプーケット知事は、「特別観光ビザ」の受け入れについて公式に知らされていないと話したのだと言いいます。タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)から正式に情報を受け取っておらず、メディアでニュースを見たと語ったのだとか。

なお日本語メディアNNA ASIAは、観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣が10月8日の受け入れを延期すると発表したと伝えています。
(タイランドニュース 2020年10月6日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!