エアアジア・グループ、名古屋発着でプーケット、バリ、ハワイ路線を視野

世界経営者会議が2018年11月6日(火)、東京の帝国ホテルで開催され、エアアジア・グループのトニー・フェルナンデスCEOが登壇し、日本での航空事業についても語りました。規制当局の判断が成長に大きく影響するとの考えを示しつつ、エアアジア・ジャパンが拠点とする中部国際空港の名古屋では大きな協力が得られていると感謝の意を示しています。

また、今後の路線展開として、タイ・エアアジア・エックスが10月30日(火)からデイリー運航を開始した名古屋/バンコク・ドンムアン線に続き、プーケット、バリ線の就航、さらに関西/ホノルル線の成功を受け、名古屋/ホノルル線の開設も視野に入れていると語りました。いずれも運航するブランドは明言していませんが、プーケット線はタイ・エアアジア・エックス、バリ線はインドネシア・エアアジア・エックスでの乗り入れとみられます。第5の自由を活用した第三国路線を展開していく方針です。

さらに国内では仙台、那覇などのポテンシャルがあるとして、就航の意欲を示しており、これまでに明言してきたエアアジア・グループの就航地としてポテンシャルのある地点を語りました。

今後、日本での取り組みとしては、パイロットとして就職を希望する人材への支援についても言及しています。すでに免許を持つ方に対し、エアアジアが海外で支援することで事業免許と就職を支援していることも明らかにしています。

エアアジアの日本での成長については、自身が六本木で物件を所有し、日本で暮らすことにより、日本人の信条などにより理解を深めることができたと語り、日本市場での拡大に向けた取り組みに本腰を入れていることをアピールしました。
(Fly Team 2018年11月6日 19時55分)

2014_10250048s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

エアアジア、関空閉鎖による欠航に伴い名古屋発着で臨時便を運航

エアアジア・グループは、台風21号の影響による関西国際空港の閉鎖に伴い、タイ・エアアジア・エックスが運航する関西/バンコク・ドンムアン線を9月10日(月)まで欠航します。これを受け、9月7日(金)から9月9日(日)まで、名古屋(セントレア)発着のバンコク・ドンムアン、クアラルンプール、ホノルル線で臨時便を運航します。

エアアジアでは、9月12日(水)まで出発の関西発着便の予約者に対し、フライト変更などに対応しています。フライトの変更は、搭乗予定日の30日以内であれば同ルート、ルート変更はホノルル便を除く、成田、羽田、新千歳へのエアアジア・エックスまたはタイ・エアアジア・エックス運航便に追加料金なしで変更できます。

また、予約の金額相当分のクレジットがエアアジアBIGのアカウントに返還され、返還された日から90日以内のフライトの予約で利用できます。返金については、予約時に支払いの金額と同額を返金するとしていますが、ウェブサイト経由の問い合わせのみ対応します。

詳しくは、エアアジアのウェブサイトを参照ください。

■臨時便スケジュール
・9月7日(金)
XJ9612便 バンコク 14:10 / 名古屋 22:00
XJ9613便 名古屋 23:15 / バンコク 03:15(+1)
・9月8日(土)
D7001便 クアラルンプール 14:00 / 名古屋 21:25
D7001便 名古屋 23:25 / クアラルンプール 12:30
D7002便 ホノルル 16:00 / 名古屋 20:25(+1)
・9月9日(日)
D7002便 名古屋 22:00 / ホノルル 04:00(+1)

期日: 2018/09/07 ~ 2018/09/09
(Fly Team 2018年9月7日 22時45分)

2015_02100032
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

【タイ国際航空】中部(名古屋)発着バンコク往復35,000円「7日間だけのタイムセール」

2018年5月31日、タイ国際航空(TG)は、
名古屋市のエディオン久屋広場で開催されるタイフェスティバル
(開催日:2018年6月2、3日)に合わせた特別キャンペーンとして、
中部セントレア発着便を対象としたタイムセール運賃で発売を始めた。

販売期間は2018年5月31日~6月6日までの1週間。
タイ国際航空のホームページのみで販売するウェブ限定運賃で、
中部=バンコク間往復エコノミークラスの往復35,000円、
プーケット/チェンマイ/クラビ往復41,000円。
(燃油特別付加運賃、各空港使用料などの諸費用を除く)
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年5月31日 15時30分)

2013_07170438          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。