海賊版ソフトウエア利用66%、わずかに改善

ソフトウエアメーカーの業界団体、ザ・ソフトウエア・アライアンス(BSA)が発表した世界のソフトウエアに関する報告書によると、2017年のタイの海賊版ソフトウエアの利用率は66%で、15年の69%からわずかに改善した。7日付バンコクポストが報じた。

BSAでタイのカントリーマネジャーを務めるワルニー氏によると、タイ警察による取り締まりの強化や、違法ソフトウエア使用の危険性を広めるキャンペーンの実施などが奏功した。ただ、アジア太平洋地域全体の利用率は57%で、タイは依然として地域の水準を上回った。

ワルニー氏は「タイはソフトウエアの利用に関する法令順守やITの危機管理で、依然として大幅な改善が必要だ」と指摘した。

タイの17年の海賊版ソフトウエアの利用による被害額は、7億1400万米ドル(約786億円)だった。

 

BSAは調査会社IDCと共同で、110カ国・地域を対象に調査を実施。全体の17年の海賊版ソフトウエアの利用率は37%で、15年の39%からわずかに減少した。
(NNA ASIA 2018年6月8日 00時01分)

2014_04060236

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

広告