タイ航空 タイ国際航空がパイロット確保で手当増額 引き抜きを警戒

タイ国際航空(THAI)のスメート社長によれば、THAIは12月19日の役員会でパイロットが他の航空会社に引き抜かれるのを防止するため来月からパイロットの手当を増額することを決めた。THAIでは、格安航空の出現によってフライト数が増加していることからパイロットの奪い合いが発生し、10~15年前からパイロットが引き抜かれて減少しているとの実情という。なお、THAIのパイロットは国内・国際線合わせて約1300人とのことだ。
(バンコク週報 2018年12月20日)

2015_02080042
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

安全保障予算増額に一部で批判

立法議会(NLA)で6月7日、来年度の国家予算案が第1読会を通過した。ただ、来年度予算では国家安全保障予算が20%増額されることから一部で「治安は改善されているはずなのになぜ治安のための予算の増額が必要なのか」といった批判意見が出ている。

昨年度(2016年10月~17年9月)は国家安全保障関連のプロジェクトなどに約2740億バーツが投入されたが、来年度は3291億バーツがつぎ込まれる予定。プラユット首相は7日、歳出が3兆バーツにのぼる来年度予算について「国が必要としていることにマッチするものであり、将来に向けた投資だ」と説明した。

だが、政府に批判的なタクシン派タイ貢献党からは、「現政権がまじめに国の抱える問題の解決に取り組んでいたとすれば、治安は改善されていたはず。国家安全保障予算を増額するということは、治安問題が解決されていないこと、すなわち政府が問題解決に真剣に取り組んでこなかったことを示している」との批判も出ている。
(バンコク週報 2018年6月8日)

2010_05030092

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。