タイ国際航空、 エコノミークラスの正規割引運賃で前売り期限を変更

タイ国際航空は2019年1月1日(火)発券分から、一部のTG正規割引運賃において、通常期の前売り期限を変更します。

対象は、TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」、TGエコノミーセーバープラスの予約クラス「K」または「T」、TGエコノミーフレキシーの予約クラス「Q」「H」「M」で、これまでよりも前売り期限が緩和されます。

TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」は3日前、TGエコノミーセーバープラスの予約クラス「K」または「T」は5日前、TGエコノミーセーバーの予約クラス「V」は7日前まで購入できるようになります。

なお、通常期は路線によって異なります。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。

■2019年通常期
<成田、羽田、大阪、名古屋、福岡発>
1月1日(火)~1月31日(木)、3月1日(金)~4月25日(木)、
5月5日(日)~7月26日(金)、8月22日(木)、8月24日(土)~9月30日(月)
<札幌発>
5月5日(日)~6月30日(日)、8月22日(木)~9月30日(月)

期日: 2019/01/01から
(Fly Team 2018年12月26日 12時05分)

2006_11230012
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、航空券の発券手数料と交換発行手数料を変更 12月から

タイ国際航空は2018年12月1日(土)から、航空券の発券手数料と交換発行手数料を変更します。

発券手数料は、タイ国際航空の公式サイトから購入した場合はこれまで通り無料ですが、タイ国際航空の日本地区コールセンター、日本国内支店または空港発券カウンターで発券した場合と、特典航空券の発券の際にかかる手数料が変更されます。変更後の手数料は、いずれも30米ドルに加え、税金が必要です。

交換発行手数料については、タイ国際航空の日本地区コールセンター、日本国内支店または空港発券カウンターで発券した場合、30米ドルに税金が加算された金額が徴収されます。
期日: 2018/12/01から
(Fly Team 2018年11月30日 22時45分)

2015_02080044
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの偽造ビザが発見される、ミャンマーのタイ大使館ではスタンプ式からシール式に変更

バンコクポストによると、ターク県とサケオ県のイミグレーションでスタンプ式偽造ビザが発見されため、スタンプ式のビザを発給するミャンマーのタイ大使館ではスタンプ式を中止し、シール式に変更しました。

ターク県では、偽造ビザを利用してタイに入国しようとした67人のミャンマー逮捕。サケオ県では、同様に2人のミャンマー人が逮捕されました。

なお、ヤンゴンにあるタイ大使館でこの問題について調査を行いましたが、職員が関与している証拠は見つからなかったとのこと。
(タイランドニュース 2018年7月27日)

20171216
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

LCCノックスクート、予約後24時間以内のフライト情報(名前や時間など)の変更が可能に

タイの格安航空会社(LCC)ノックスクートでは、予約後24時間以内のフライト情報の変更が無料になりました。「搭乗者名を間違って入力してしまった」という場合も、手数料不要で変更が可能です。

無料変更可能なフライト情報は、搭乗者名、日付、フライト時間。フライトの変更の際は、変更前のフライトより変更後のフライトが安くても、払い戻しはありません。また、目的地の変更は不可です。

ノックスクート
(タイランドニュース 2018年6月18日)

airplane2

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。