プーケット、2021年7月1日から外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画

タイ南部プーケット県では2021年7月1日から、外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画をしています。それまでに100万回分近くの新型コロナウイルスワクチンが、地元住民のために用意されるとのこと。タイの国営ニュースメディアのNNT(National News Bureau of Thailand)が2021年3月25日に伝えています。

プーケット県のピチェット・パナポン副知事は3月24日、伝染病委員会が7月1日から外国人旅行者を隔離なしで受け入れる計画の提案を承認したことを明らかにし、「プーケット県は89日間に渡って新型コロナウイルス陽性者を確認していません。経済と観光部門を刺激するために、緊急にタイ国人観光客を受け入れる必要があります。」と語りました。

なお以前プーケット県の地元住民は平均で月収約4万バーツを得ていました。しかし2021年2月には月収約8,000バーツまで下落。このままでは7月には1,964バーツまで下落し、貧困ラインを下回るようになるとのこと。

副知事によるとプーケットの保健当局は、地元住民向けに7月1日までに93万回分の新型コロナウイルスワクチンを購入する計画。また受け入れる外国人旅行者の動きは、携帯電話のアプリで追跡します。

(タイランドニュース 2021年3月26日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

プーケットで外国人旅行者受け入れの「サンドボックス」モデルを試験運用へ

各報道によるとタイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は2021年3月19日(金)に、COVID-19状況管理センター(CCSA)に対して、外国人観光客を受け入れるための「サンドボックス」モデルをプーケットで試験運用するという提案を行います。

大臣によると「サンドボックス」は「トラベルバブル」に似ており、多くの住人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えた2つの国(地域)の人々が、お互い旅行が可能になります。

タイ観光・スポーツ省は7月からプーケットで「サンドボックス」モデルを試験運用開始する予定ですが、プーケットの7割の人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えている必要があります。つまり45万人に約90万回分のワクチンが必要です。また対象国は、中国になる可能性についても大臣は言及しています。

プーケットで試験運用を終えた後は、クラビとパンガーでも「サンドボックス」モデルを開始する見込みです。

タイ観光・スポーツ省は、10月1日の外国人観光客への国の開放を目指し、今後も様々な方法をCOVID-19状況管理センター(CCSA)に提案していくとのことです。

(タイランドニュース 2021年3月12日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイは2021年10月までに国の開放を目指す

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>のアシスタント・スポークスマンによると、タイは2021年10月までに世界への扉を開くこと(多くの外国人旅行者を受け入れること)を望んでいます。

アシスタント・スポークスマンは「10月まで…」について、この発表はあくまで目標であり、決定事項ではないと述べています。 国の開放が決定の場合は、準備期間が必要な観光業界を考慮して、時間に余裕をもって発表されるとのことです。

さらに開放の可否は、他国の状況や、ワクチンの状況、航空会社の安全対策の状況にも左右されると言います。また危険度の高い国は、再開の対象外となる可能性もあります。実際に先日発表された4月からの隔離期間短縮は、アフリカ大陸で複数のウイルスの亜種が出現しているため、アフリカからの旅行者は対象外となっています。

なお10月までに完全に再開されなくても、タイのハイシーズンに合わせて、より広い範囲で再開される可能性があるとのことです。この件は、3月15日(月)に行われるタイCOVID-19状況管理センターとのいくつかの会議で熟考されます。また3月16日(火)と3月18日(金)には、内閣との会議も行われます。

(タイランドニュース 2021年3月11日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

隔離4日目からプチ開放「エリア検疫」がチェンマイやパタヤなどで試験実施へ

タイに入国した外国人旅行者が隔離施設の自室で3日間過ごした後に、陰性であれば限られた区域で行動が可能になるという「エリア検疫」が実現に向かっています。

観光スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣が2021年3月4日、保健省と216の観光事業者と会談後に、「エリア検疫」を4月から開始する計画を明らかにしました。

「エリア検疫」は、外国人旅行者に人気のある5つの県、チェンマイ、プーケット、クラビ、スラタニ(サムイ島、パンガン島)、チョンブリ(パタヤ)で試験的に実施されます。

外国人旅行者は最初の14日間の隔離検疫期間の最初の3日間を隔離施設となっているホテルの自室で過ごした後、新型コロナウイルス検査を受けて陰性であれば14日間の隔離検疫期間が終了するまで、ホテルの敷地内で自由に行動ができます。

この計画は、タイ国政府観光庁(TAT)が監督する29の旅行代理店を通じて運営されます。
(タイランドニュース 2021年3月5日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国時に外国人旅行者から300バーツ徴収

タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣によると国家観光政策委員会は、入国する全ての外国人旅行者から手数料として300バーツを徴収するという、タイ観光・スポーツ省の提案を承認しました。

手数料は、官報に掲載されれば有効になります。各報道が伝えています。

大臣によると、外国人旅行者から徴収する1人あたり300バーツの手数料は、観光事業の資金管理及び開発、そして外国人旅行者の保険のために使われます。

なお2021年は約1000万人がタイを訪れることが予想され、30億バーツを手数料として徴収できる見込みです。

[追記]
300バーツのうち34バーツが保険に割り当てられるようです。
(タイランドニュース 2021年1月15日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!