外国人の新型コロナワクチン接種は無料?自己負担?他~タイ世論調査

タイ国立開発行政研究院(NIDA; National Institute of Development Administration)の調査センターは2021年2月21日、「新型コロナウイルスワクチンを最初に接種するのは誰ですか?」などの質問の世論調査の結果を発表しました。調査は2021年2月15日から17日にかけて実施。調査対象は15歳以上の1,318人です。

「どの県が最初にワクチンを接種するべきと思いますか?」

1.過去二回に大流行した県 56.90%
2.すべての県を同時に 16.77%
3.主要な観光地のある県 10.70%
4.すべての国境に接する県 10.39%
5.産業投資の多い県 5.24%

「どの年齢層が最初にワクチンを接種するべきと思いますか?」

1.20歳から59歳までの労働年齢層 38.01%
2.60歳以上の高齢者 37.10%
3.すべての年齢層を同時に 15.10%
4.20歳までの未成年 9.79%

「どの職業グループが最初にワクチンを接種するべきと思いますか?」

1.医療従事者 40.48%
2.労働者 14.41%
3.すべての旅行業関係者 8.87%
4.すべての職業グループを同時に 7.59%
5.輸送関係者 5.29%
6.学生 4.93%
7.事業主/自営者 4.85%
8.公務員 4.38%
9.民間企業の従業員 3.82%
10.退職者/失業者 ほか 3.49%
11.漁業関係者 1.41%
12.政治家 0.48%

「タイ在住外国人のワクチン接種は?」

1.全ての外国人が接種するべき 44.54%
2.任意で受けるべき 26.25%
3.感染リスクの高い人のみ 接種するべき 26.25%

「タイ在住外国人のワクチン接種の費用は?」

1.自己負担すべき 38.92%
2.税金を支払っている外国人のみ無料にすべき 31.72%
3.全ての外国人を無料にするべき 25.72%
4.半分を自己負担、半分を政府が支払うべき 0.68%

(タイランドニュース 2021年2月23日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国政府観光庁、外国人のための新型コロナ医療保険を発表

タイ国政府観光庁(TAT) は2020年10月23日、タイ保険委員会(OIC)から発表された外国人のための新型コロナウイルス医療保険について明らかにしました。

現在外国人がタイを訪問するには、新型コロナウイルス治療をカバーする10万ドル(約316万バーツ)の医療保険が必須。タイ保険委員会(OIC)の医療保険が開始されることで、外国人にさらなる安心感を提供し、タイ訪問が容易になることを期待しているとタイ国政府観光庁(TAT)ユタサック・スパソーン総裁は語っています。

タイ保険委員会(OIC)認定の医療保険にオンライン(covid19.tgia.org/)で加入することで、以下のようなメリットを享受することができます。

・この保険はタイ政府によって承認されており、タイのビザ申請手続きで使用可能。タイ到着後すぐに保険が適用。
・全国の私立病院に入院した場合、前払いや自己負担金は不要。10万ドル(約316万バーツ)までカバー。
・新型コロナウイルスで死亡した場合、保険会社は受取人に10万ドル(約316万バーツ)支払い。
・保険料はリーズナブルで、手続きはタイ保険委員会(OIC)監督下にあり、購入はオンラインで効率的に行うことができる。

保険パッケージは、30日から1年までの期間があり、保険料は以下。
・30日間で1,600~4,800バーツ。
・60日間で2,880~8,640バーツ。
・90日間で3,840~12,160バーツ。
・120日間で7,680~23,040バーツ。
・1年間で14,400~43,200バーツ。

タイ国政府観光庁(TAT) は、タイへの訪問を計画している外国人に、保険の予約の前にタイ王国大使館/総領事館に問い合わせすることを強く勧めています。

(タイランドニュース 2020年10月24日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

感染者が出歩いたラヨーン県~デパートが消毒のため1日閉店、ホテルは9割キャンセル、127校も一時閉鎖

海外からタイに到着した外国人2人が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明。彼らが外交官の家族と軍用機の乗組員という指定施設での14日間の隔離検疫を免除される立場だったため、街を出歩いていたことで大騒動です。(感染が判明したのは後だったため、入国時の入院はありませんでした)

感染が判明したエジプト軍用機乗組員のエジプト人男性が、滞在していたラヨーン県で外出し、大型ショッピングセンターのセントラルプラザ・ラヨーンを訪れていたことが明らかになったことで、セントラルプラザ・ラヨーンは全館を消毒する決定を行いました。

セントラルプラザ・ラヨーンは2020年7月14日は午後8時に閉店、15日は一日閉店し全館の大掃除と消毒“Big Cleaning ”を実施。16日には通常どおり開店予定です。

さらにラヨーン県では学校127校も一時閉鎖、ホテルは9割がキャンセルとなり、たった一人の感染者が出歩いたために深刻な経済的損害をもたらしています。
(タイランドニュース 2020年7月15日)

20180419
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国の外国人から保険料の徴収を検討、感染治療もカバー

各報道によるとタイ観光・スポーツ省は、新型コロナウイルス収束後に国際線のフライトが再開した場合、到着した外国人からウイルス感染治療もカバーできる300バーツ以下の保険料を徴収することを検討しています。

実際に入国時に保険料を徴収する場合、空路、陸路、海路と全ての手段の入国で徴収されます。

入国時の保険料徴収は以前より検討されていましたが、タイ観光・スポーツ省のピパット・ラチャキットプラカーン大臣は、今が開始する適切な時期だと述べています。なお大臣は、100バーツから200バーツが保険料として適切と考えているとのことです。
(タイランドニュース 2020年5月12日)

2014_04060096
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

パタヤビーチで海水浴、外国人3人を逮捕

この記事のタイトルは「パタヤビーチで海水浴、外国人3人を逮捕」。普段なら「どういう意味?」となると思いますが、実は現在タイ東部のビーチリゾート・パタヤでは、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために、ビーチへの立ち入りが禁止されているのです。

報道によると2020年5月9日、アジアパタヤホテル前のビーチで海水浴をしていた外国人男女3人が、ビーチ立ち入り命令に違反して逮捕され、パタヤ署に連行されました。

3人は疾病対策法違反で有罪となれば、1年以下の懲役か10万バーツ以下の罰金、またはその双方が科されることになります。

パタヤ市は先日、ビーチへのアクセスをテープで遮断。5月9日から5月31日の午前9時まから午後9時までは、ビーチの入り口にスタッフを配置し、立ち入らないように警戒に当たっています。それでもビーチに立ち入った場合、初回は警告、再度は厳罰とのこと。今回3人が逮捕に至ったのは、警察からの遊泳を止めるようにとの警告を無視して、遊泳を続けたため。
(タイランドニュース 2020年5月9日)

2016_09250001(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!