タイ各地でバス横転

タイのテレビ報道によると、タイ各地で大型バスの事故が相次いでいる。

26日午後9時半ごろ、北部プレー県で、大型バスがUターンしていた乗用車に衝突、横転し、バスの乗客と乗用車を運転していた男性ら35人が重軽傷を負った。バスは北部ウタラディット県の大学の貸し切りで、学生、教員らを乗せ、東部ラヨン県から北部チェンマイ県に向かっていた。

28日午前6時半ごろ、南部スラタニ県で、バンコク行きの長距離路線バスが道路の側壁に衝突して横転し、乗客25人が重軽傷を負った。

翌29日午後9時50分ごろ、東北部チャイヤプム県で、長距離路線バスがコンクリート製の側壁に衝突して横転し、乗客9人がけがをした。また、衝突の衝撃で飛び散ったコンクリートの破片が後続の長距離路線バスのフロントガラスにぶつかり、ガラスが割れるなどした。

タイでは大型バスの事故が連日のように発生。タイ当局は運転手の体調管理、車両整備などの規則を強化し、事故の削減を目指している。
(newsclip.be 2018年7月30日 20時08分)

20171117
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タイ北部でツアーバス横転、フランス人25人重軽傷

17日午後4時半ごろ、タイ北部チェンライ県で、大型バスが走行中に横転し、乗客のフランス人男女25人とガイドのタイ人の計26人がけがをした。このうち2人は重傷。

事故当時、現場周辺では雨が降っていた。バスを運転していたタイ人男性は「路面が濡れていてスリップした」などと話している。
(newsclip.be 2018年7月18日 09時54分)

20171115
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

プーケットで大型バス暴走

タイのテレビ報道によると、12日夜、タイ南部プーケット島のカロン地区で、中国人観光客約30人が乗った大型バスが暴走し、谷の斜面に車体が半分落ちたところで停車した。けが人はなかった。

バスの運転手によると、坂道を下っていた際にブレーキが効かなくなったため、コンクリート防護柵に車体の横をぶつけて減速し、駐車中のピックアップトラックに衝突して停車した。ピックアップトラックは約10メートル下の谷底に落ちた。

プーケットでは大型バスの事故が頻発し、中国人観光客が死傷する事故も起きている。カロン地区などの坂道を下っている際に運転を誤るケースが多い。
(newsclip.be 2018年6月13日 21時00分)

(豆情報)
島内は、約70%以上が山地の為、プーケット空港からパトンビーチまでは曲がりくなった山道を越えて行きます。

2015_02090049

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。