在タイ日本大使館が雨季における大雨、洪水情報への警戒を呼びかけ

2018年8月15日、在タイ日本大使館は、タイの雨季における大雨と洪水に対する警戒を呼びかけた。タイ全域が5月16日に雨季入りしたことがタイ気象局から宣言されている。例年では10月末から11月初旬ごろに雨季明けになるが、毎年8月から11月ごろまでは各地で集中豪雨や、それに伴う冠水、洪水が発生している。

在タイ日本大使館がタイ在住の登録者に一斉メールにて警戒を呼びかけた内容は「タイ災害防止軽減局(DDPM)は8月14日現在,国内の1都76県のうち、58県を洪水・土砂崩れ・強風・高波のいずれかの注意地域としています(バンコク都は含まれていません)。 また、同14日の報道によれば、ナコンナヨック県とナコンラチャシーマー県にまたがるカオヤイ国立公園内においても洪水が発生しています。」としている。

ほとんどの年度においてバンコクはあまり大きな洪水被害はない。しかし、雨量が多い年は例外的に洪水も発生する。2011年には7月から3カ月以上に渡ってタイ北部からバンコクの一部が洪水になった。このときの洪水で500人近い死者が発生し、全体で230万人に影響があった。被害総額も1567億バーツ(約5170億円)と推定されている。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年8月18日 09時15分)

2015_0714n010
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

カオヤイ国立公園 大雨で入園者

タイの主要公園のひとつカオヤイ国立公園では大雨による河川の増水や氾濫が予想されるため、入園者は滝に近づかず、鉄砲水の恐れのある低地を避けるべきと当局が警告している。

ナコンナヨク県のウォラパン副知事によれば、公園内のナンロン滝とワンタクライ滝は8月13日午後に急に増水。これを受け入園者に注意が呼びかけられることになった。

なお、カオヤイ国立公園は、ナコンラチャシマ、サラブリ、プラチンブリ、ナコンナヨク4県にまたがり、その広さはタイの国立公園の中で第3番目の2168平方キロメートルとなっている。
(バンコク週報 2018年8月14日)

2017_06200857          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ東北ムクダハンで洪水被害

タイの東北部、北部で雨期の大雨による被害が拡大している。

31日朝の時点で、東北部ムクダハン県で約7000世帯、約1万6000人が洪水で被災。

北部メーホンソン県では30日朝、県内を走る国道1194号線の一部区間が地盤沈下で陥没した。

北部チェンライ県の一部地域ではメコン川がはん濫した。
(newsclip.be 2018年7月31日 13時03分)

20180223
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

北部と東北部が再び大雨 7月23日から24日にかけ

気象局によれば、北部と東北部はすでに大雨に見舞われているが、台風の影響などで7月23日から24日にかけて再び大雨が降る可能性があるという。

気象局では、すでに浸水しているエリアではさらなる降雨で水かさが増して洪水による被害がさらに拡大することが懸念されるという。

このほか、南部でも海が荒れることが予想されるため、十分注意することが必要という。
(バンコク週報 2018年7月23日)

2010_05030092
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ北部でツアーバス横転、フランス人25人重軽傷

17日午後4時半ごろ、タイ北部チェンライ県で、大型バスが走行中に横転し、乗客のフランス人男女25人とガイドのタイ人の計26人がけがをした。このうち2人は重傷。

事故当時、現場周辺では雨が降っていた。バスを運転していたタイ人男性は「路面が濡れていてスリップした」などと話している。
(newsclip.be 2018年7月18日 09時54分)

20171115
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。