タイ到着ビザ無料化が延長、2019年タイ正月の期間まで

中国人など減少した観光客を呼び戻すため、2018年12月1日から2019年1月31日まで限定で、通常2000バーツの到着ビザが無料となっていますが、タイ正月(ソンクラーン)期間の4月半ばまで、無料期間が延長されることになりました。

なお対象の国は、アンドラ、ブルガリア、ブータン、中国、キプロス、エチオピア、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、パプアニューギニア、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナ、ウズベキスタンの21カ国。

日本人は30日までビザ無しでの滞在が認められているため、今回の到着ビザ無料化とは無関係となります。
(タイランドニュース 2019年1月9日)

2014_04060096.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

固定資産税は導入遅延か 長引く審議 準備整わず

ウィスット副財務相によれば、財務省は現在のプラユット政権下で固定資産税法の制定を実現させようと躍起になっているものの、同法が実際に施行されるのは予定されている来年初めより遅れる可能性があるという。

固定資産税の徴収などについて先に関係職員を対象にリハーサルを実施したものの、固定資産税徴収は初めての経験であり、準備が整っていないのが現状とのことだ。

このほか、立法議会(NLA)の常任委員会が法案の審議期間をさらに延長することで、固定資産税徴収の開始が遅れる可能性もあるという。
(バンコク週報 2018年8月17日)

2015_0714n011
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ国際航空、タイ行きセールでエコノミークラスの販売期間を延長

タイ国際航空は、2018年3月15日(木)から実施している「TGスーパーディール アーリーサマー タイランド」運賃の販売期間を延長しました。対象はエコノミークラスの「Wクラス」で、関西発が7月11日(水)まで、成田と名古屋(セントレア)発は7月18日(水)までです。

対象の搭乗期間は、関西発が7月25日(水)まで、成田と名古屋(セントレア)発は9月12日(水)までです。運賃額はバンコク行きが41,000円から、プーケット、チェンマイ、クラビ行きが45,000円からと設定されています。

なお、日本/バンコク間は利用便限定で、往路は成田発のTG641、TG643、TG677便、関西発はTG623、TG673便、名古屋発はTG647便、復路は成田着がTG640、TG642、TG676便、関西着がTG622、TG672便、名古屋着がTG644、TG646便のみ利用できます。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/07/18まで
(Fly Team 2018年7月9日 12時15分)

2013_07170438          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。