総選挙は3月10日投票か 総選挙日程に関する憲法解釈で温度差も

総選挙日程を決定する権限を持つ中央選挙管理委員会では、「下院議員選挙法施行から150日以内に総選挙を完了する」との憲法規定について「150日以内に投票から当選認定までを完了する」と解釈しており、このため、3月10日を総選挙投票日とする可能性が今のところ高い。

同法が施行されたのは昨年12月11日。このため、5月9日までに総選挙を完了するというのが中央選管の方針のようだ。

しかし、政府の法律専門家のなかで、「完了」しなければならないのが「投票のみ」か「投票から当選認定までのプロセス」なのかを明確に答えることのできる者はいないという。

なお、現行憲法を起草した憲法起草委員会(CDC)の委員だった何人かは「投票を完了する」という意味との見解を示している。
(バンコク週報 2019年1月17日)

2015_02110092
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

下院総選挙は2月24日投票 政府が再確認

来年2月24日投票との総選挙の日程が間もなく正式発表される見通しだが、ここに来て「技術的な問題のため投票日は約1カ月後になりそうだ」との見方が出ている。

これに対し、プティポン政府報道官はこのほど、「政府は2月24日投票の方針だ」と明言。投票日が変更される可能性はないとの見解を示した。

また、総選挙の投票日は中央選挙管理委員会に決定の権限があることから、同報道官は「仮に投票日が変更になるなら、中央選管が理由を説明しなければならない」と付け加えた。
(バンコク週報 2018年12月30日)

20180525
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!