バンコクは喫煙者を歓迎していない場所

2018年10月7日、タイは東南アジア諸国の中でもシンガポール並みにタバコの喫煙について厳しい。その点の理解不足があり、タイに来てタバコの関係で摘発される日本人があとを絶たない。

まず、入国時のタバコ持ち込みは1カートンになる。これ以上を所持して申請しないまま税関を通過しようとするとおよそ5000バーツの罰金が科せられる。しかし、入国後に発覚すると密輸タバコの所持と見なされ、トラブルは大きくなるので注意したい。

それから、市内でのタバコのポイ捨ては最大で2000バーツの罰金となる。飲食店や公共施設など禁煙区域と指定されている場所でタバコを吸うと最大で5000バーツの罰金。商業施設や飲食店では外に喫煙所を設けているので、必ずそこで吸い、吸い殻はそこに捨てるようにしたい。ただ、あくまで最大の金額なので、しっかりと認めて謝罪することで数百バーツまで罰金が下がることもある。

今、日本人がバンコクで最も注意したいのは電子タバコだ。タイでは電子タバコが一切認められていないため、所持しているだけで危険である。実際に2018年に入ってから、タイ警察は日本人が多いエリアに私服警官を立たせ、電子タバコの所持や使用を現場確認できた瞬間に摘発しているという。場合によっては日本人だけを狙った車両検問もあり、電子タバコの摘発を進めているという。このケースでは罰金は最大50万バーツ(約170万円)、懲役が最高で10年となるので、普通のタバコよりも重いので注意したい。

喫煙者はタイのタバコ事情をあらかじめしっかりと把握し、対処するべきである。特に電子タバコは日本の自宅に置いて渡航するべきだろう。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年10月7日 09時15分)

20171113
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

バンコク中華街でコピー商品摘発

タイ警察は22日夜、バンコクの中華街一帯でコピー商品の一斉摘発を実施し、偽ブランド品の帽子、かばん、スピーカーなど2000点以上を押収、タイ人6人と外国人2人を逮捕した。
(newsclip.be 2018年8月23日 12時52分)

P1010033          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ警察、ボッタクリ・詐欺の悪徳店を摘発

先日バンコクでは王宮周辺で、相場よりも高額な請求をするボッタクリ店に連れて行くなどする、観光に悪影響を及ぼすタクシーやトゥクトゥクの大量摘発が行われました。そして今度はそんなタクシーやトゥクトゥクが連れて行く店舗が摘発です。

タイ警察は2018年7月2日、「今日はあなたが向かおうとしている寺院は閉まっている」などと嘘を言って、観光客を高価格で低品質な、いわゆるボッタクリ店へ連れて行くタクシーやトゥクトゥクの摘発を行いましたが、摘発の対象を、連れていく先の店舗にまで広げました。

摘発されたのは宝石店「S & J Export 」やスーツ仕立て店「Thewes Fashion」「James Fashion」「BB Fashion」「Ram Fashion International」「Wasana」、旅行会社「Royal Travel」。

このようなボッタクリ・詐欺の手口は、以前からガイドブックにはかならず書かれている古典的なもの。それが今まで変わらず生き残っているのも不思議な話ですね。タイ旅行の前には、できれば隅々までガイドブックに目を通しておくのが安心、安全です。
(タイランドニュース 2018年7月3日)

20171113

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

ロシアW杯、オンライン賭博宣伝のキャンギャル1,000人を摘発へ

各報道によるとタイ警察は2018年6月12日、間もなく開幕する「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」の違法賭博を行う、オンライサイトを宣伝するキャンペーンガール(タイではプリティと呼ばれています)たちを特定すると発表しました。

タイでは宝くじと競馬以外の全ての賭博行為が法律で禁止されており、当然ワールドカップの勝敗を予想して金銭を賭けることも違法。タイ警察によると、ワールドカップ賭博オンラインサイトの宣伝をするキャンペーンガールは1000人以上いるとしており、特定されて裁判で有罪となれば、キャンペーンガールとその関係者には、最高1年の懲役か1,000バーツの罰金、またはその双方が科されることになります。
(タイランドニュース 2018年6月12日)

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。