タイでワクチン接種3,021人中の5人が副作用を報告

タイには2月24日に中国から、シノバク・バイオテク(Sinovac Biotech Ltd.)製の新型コロナウイルスワクチン20万回分が到着。2月28日にはアヌティン・チャーンウィーラクーン副首相兼保健相が第1号となり、ワクチン接種が開始されました。

タイ保健省疾病管理局のオーパース・カーンカヴィンポン局長は3月2日、2日間で3,021 人がワクチン接種し、そのうちの5人に副作用が確認されたと発表しました。全員が重篤なものではありませんでした。

副作用が確認された5人のうち4人がサムットサコン、1人がサムイ島の人。4人は初回の接種後に注射部位の周囲に痛みと腫れがあり、1人は医療関係者で接種後に吐き気と嘔吐がありました。

局長によると、116,520回分のワクチンが13県に配布され、2,781人の医療従事者や保健ボランティア、133人の役人、21人の健康問題を抱える人、86人の地元の人、合わせて3,021人が接種されました。

(タイランドニュース 2021年3月3日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ観光省が主要観光県にワクチン配分を提案&エリア検疫はロシアが最初か

タイ観光・スポーツ省は、タイ保健省に対して5つの観光県でワクチン接種キャンペーンを実施することを提案し、ワクチンパスポートの展望を議論することになりました。Thai PBSが伝えています。

タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣によると、同省はプーケット、スラタニ、チョンブリ、チェンマイ、クラビの観光業従事者に、5万回分の新型コロナウイルスワクチンを配分することを提案しました。優先的に割り当てられるのは、隔離検疫施設として利用されいる58のホテルのスタッフ13,000人です。

またピパット大臣は、タイが2022年にワクチンパスポートを開始するか、検疫なしで外国人旅行者を受け入れることを可能にする措置を講じることができれば、少なくとも500万人の外国人旅行者を受け入れられる見通しと続けました。

さらに大臣は、 「エリア検疫」と呼ばれるプログラムが次のタイCOVID-19状況管理センター(CCSA) の会合で議論されると明らかにしました。「エリア検疫」は外国人旅行者が隔離施設の自室で3日間過ごした後に、限られた区域で行動が可能になるというもの。「エリア検疫」にはロシアの旅行会社が関心を示していることから、「エリア検疫」に最初に参加する外国人観光者はロシアからになることが予想されると大臣は語っています。

(タイランドニュース 2021年3月2日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ航空 20年74%減収、赤字1412億バーツ

事実上のタイ国営企業で経営破たんしたタイ国際航空は25日、監査法人が意見を表明しない2020年度決算を発表した。売上高は前年比73.8%減の483.1億バーツ、最終損益は1411.7億バーツの赤字だった。旅客数は76.1%減、587万人。 

12月末の負債総額は3374.6億バーツで、1272.4億バーツの債務超過となった。手元資金は86.7億バーツで、昨年末から129.9億バーツ減少した。

タイ国際航空はもともと慢性赤字体質で経営が危機的な状況だったところへ、昨年、新型コロナウイルス感染症で航空需要が激減し、経営が破たんした。昨年9月にタイ中央破産裁判所が会社更生手続きの適用を認め、債務整理による経営再建を目指している。

(newsclip.be 2021年2月9日 01時14分)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

新規タイ国内感染は63人、バンコクでは5人確認[2021年2月27日発表]

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年2月27日午前、新規に新型コロナウイルス陽性の72人が確認されたと発表しました。新たな死亡者は確認されていません。

新規に陽性が確認された72人のう9人は、タイに入国後に隔離検疫施設で陽性が確認された人々で、国内感染には含まれません。7カ国からの入国です。

国内感染は63人。
国内感染地域別ではサムットサコン県が37人で最多。続いてパトゥムタニ県14人、バンコク都5人、ターク県4人、ナコンパトム県2人、アユタヤ県1人です。

2月27日の発表の時点で、累計の陽性者の数は25881人。
死亡は合わせて83人。25022人が回復し、776人が治療中となっています。

(タイランドニュース 2021年2月27日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

3月1日からタイ国内3県でワクチン接種開始

中国のシノバック・バイオテック社と英国の製薬会社アストラゼネカ社が開発・製造した計31万7000回分の新型コロナワクチンが2月24日、予定通りにタイに届けられた。医療従事者などへのワクチン接種は3月1日からサムットサコン、チェンマイ、タークの3県で開始される予定だ。

シノバック製ワクチン20万回分については、保健省食品医薬品局(FDA)と政府医薬品機構(GPO)の担当者が接種に備えて3日ほどかけて検査することになっている。

なお、北部チェンマイ県の保健当局者によれば、同県では3月1日にまず医療従事者など1750人に接種し、5月末までに4万1750人に接種することになっている。
(バンコク週報 2021年2月25日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!