旅行会社の料金不払い 役員3人を逮捕

タイ南部スラタニ県からの報道によれば、警察当局は8月2日、同県サムイ島の旅行会社「ロマンチック・サムイ」の役員であるタイ人2人と中国人1人を逮捕したと発表した。容疑は旅行会社を外国人が所有することが法で禁止されているにもかかわらず、中国人がロマンチック・サムイを所有していたというもの。

この会社は中国から観光客をサムイ島に連れてきて様々なサービスを観光客に利用させていたが、業者にその料金を支払っていないとして訴えられている。未払いは総額300万バーツを超える模様。

警察によれば、同社は料金後払いでスピードボートを利用したものの業者に料金を支払わず、利用を断られると、別の業者のスピードボートを利用。さらに、料金不払いで利用を断られると、また別の業者に乗り換えるといったことを繰り返していたとのことだ。

なお、同社オーナーとされる中国人の女はすでに国外に逃亡したとされる。
(バンコク週報 2018年8月3日)

2015_07100068
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

架空の中国行きツアーで160万バーツ詐取、容疑のタイ旅行会社代表逮捕

タイ警察は28日、旅行会社代表のタイ人男(38)を詐欺などの容疑で逮捕したと発表した。中国行きの格安パッケージツアーを催行するとして、23グループの130人以上から計158万バーツを詐取した疑い。

男は取り調べに対し、「会社の運転資金が不足し、ツアーを中止した」「だますつもりはなかった」などと話したという。
(newsclip.be 2018年6月29日 00時17分)

2015_07120036

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。