覚醒剤密輸でタイ人26人逮捕、日本の空港で昨年4月以降

タイ麻薬取締委員会事務局(ONCB)は8日の記者会見で、2017年4月以降、日本の空港でタイ人26人が麻薬所持で逮捕され、覚醒剤27.7キロが押収されたと発表した。逮捕者の多くは女性で、タイでアフリカ系麻薬組織に運び屋として雇われたとみられる。

バンコクのドンムアン空港でも今年1月、日本行きの便に搭乗する予定だったタイ人の女2人が覚醒剤所持で逮捕された。
(newsclip.be 2018年8月9日 21時45分)

2015_07160001
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

日タイ通貨スワップ協定改正、バーツから円に交換可

日本銀行とタイ中央銀行は締結中の第4次二国間通貨スワップ取極を改正し、23日、改正第4次取極が発効した。

これまでの取極では、日本およびタイ当局は、必要な時に米ドルと自国通貨を相互に交換することができると定められていた。改正により、タイは自国通貨(タイ・バーツ)を米ドルに加えて日本円とも交換することが可能になる。交換上限額はこれまで通り30億ドル相当。

中期的に日本円を含むアジア通貨の使用を促すことが狙い。
(newsclip.be 2018年7月24日 10時55分)

20171118
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タイ国際航空、日本4空港発のプロモーション運賃 46,200円から

タイ国際航空は、2018年7月24日(火)までの期間限定で、「FLY Thai プロモーション運賃2018」を設定、販売しています。日本出発地は成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡の4空港で、搭乗期間は8月23日(木)から11月30日(金)出発分までです。この運賃を利用する場合、マイレージを使ったアップグレードはできません。

プロモーション運賃は、東南アジア各地、ヨーロッパ行きが設定されています。このうち、ヤンゴン、ホーチミン、ハノイ、プノンペン、ヴィエンチャン、シンガポール、クアラルンプール行きは46,200円から、ジャカルタとデンパザール行きは49,900円からです。

また、ヨーロッパ11都市行きは60,400円からです。この目的地は、ロンドン、パリ、フランクフルト、ミラノ、ローマ、ミュンヘン、チューリッヒ、ブリュッセル、コペンハーゲン、オスロ、ストックホルム行きです。

なお、往路の到着地と復路の出発地が異なるオープンジョーが可能で、途中降機は往路のバンコクで1回のみ可能、必要旅行日数は3日、最長旅行期間は3カ月です。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/07/24まで
(Fly Team 2018年7月2日 22時40分)

2006_11230012

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

日本はタイに大量のゴミを輸出していた

2018年6月21日の各報道によると、タイ政府は、リサイクルが可能な電子廃棄物などの資源ゴミの輸入を禁止する見通しと発表しました。

タイ政府は、企業によるリサイクル目的の資源ゴミの輸入を許可しています。しかし、一部では無許可あるいは限度を超えた輸入が行われており、最近では不法なゴミ処理場で大量の廃棄物が発見されているそうです。なお、タイ全国で148箇所のゴミ処理場がありますが、そのうち90%はリサイクルのための正しい手順で処理をしておらず、悪臭問題なども出ているとのこと。

なおNHKによると、日本はタイに大量の資源ゴミを輸出していて、タイが受け入れた資源ゴミの大半が日本からのものなのだそうです。2017年に中国が資源ゴミの輸入を禁止したため、タイが受け皿になっていたそうです。今後の資源ゴミの行方は??
(タイランドニュース 2018年6月21日)

20171115

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ工業相「東部経済回廊に投資を」

来日中のタイのウッタマ工業相は11日、都内のホテルで会見し、インフラ開発などを進める新経済特区「東部経済回廊(EEC)」について、日本からの投資を強く呼びかけた。5月に東部特別開発区域法が施行され、官民の投資がさらにしやすくなったことなどを強調した。

タイ政府は、IoT(モノのインターネット)やロボットなど高付加価値産業の育成を図るため、バンコク東部のチャチェンサオ、ラヨーン、チョンブリの3県にまたがるEECを経済特区に指定、海外からの投資を呼びかけている。昨年9月に世耕弘成経済産業相らがEECを視察している。
(SankeiBiz 2018年6月12日 05時00分)

2014_01040001

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。