今年の暑季 エルニーニョで高気温と乾燥が長引く 水利局「水不足はまずない」

水利局のトンプレウ局長は4月1日、「今年の暑季はエルニーニョのために気温上昇と乾燥が長引くとの予報が出ているが、灌漑システムの整備されたエリアで水不足が生ずることはまずない」と説明した。

5月には雨季入りし雨が降り出すが、それまで生活用水と農業用水が不足しないよう水利局は貯水施設に十分な水を確保すべく努力を続けているとのことだ。

ただ、水不足の恐れがまったくないわけではないため同局では、コメ農家にオフシーズンの米作を控え、一般市民に節水に努めるよう呼びかけている。
(バンコク週報 2019年4月2日)

2015_02090149p
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

暑季長期化の見通し 深刻な干ばつでタイ経済成長減速か

カシコン銀行傘下のカシコン・リサーチセンターは、今年の暑季は深刻な干害が発生して作物の収穫量が減少。153億バーツ前後の損失が生じ、これがタイの経済成長率を0.1ポイント程度押し下げるとの予測を発表した。

タイ気象局は先に「2月21日に暑季がスタート」と発表したが、同局によれば、今年の夏は例年より最高気温が1~2度高く、気温上昇は5月まで続く見通しだ。

同センターは、今年は干ばつにより‘農家の収入が前年を1.2~1.6%下回ることが予想されるという。
(バンコク週報 2019年3月11日)

2015_07100068
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!