プーケットで大型バス暴走

タイのテレビ報道によると、12日夜、タイ南部プーケット島のカロン地区で、中国人観光客約30人が乗った大型バスが暴走し、谷の斜面に車体が半分落ちたところで停車した。けが人はなかった。

バスの運転手によると、坂道を下っていた際にブレーキが効かなくなったため、コンクリート防護柵に車体の横をぶつけて減速し、駐車中のピックアップトラックに衝突して停車した。ピックアップトラックは約10メートル下の谷底に落ちた。

プーケットでは大型バスの事故が頻発し、中国人観光客が死傷する事故も起きている。カロン地区などの坂道を下っている際に運転を誤るケースが多い。
(newsclip.be 2018年6月13日 21時00分)

(豆情報)
島内は、約70%以上が山地の為、プーケット空港からパトンビーチまでは曲がりくなった山道を越えて行きます。

2015_02090049

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。