タイ東北部のダム、貯水量が減少続く

今年はタイ国内各地で水不足に悩まされているが、東北部ナコーンラーチャシーマー県コラブリー郡にあるラムセダムの水量が減り続けており、このままいくと農作物に影響が出る可能性が出てきた。

タイ地元紙によると、このダムの総貯水容量は2億7500万立方メートルと大型のダムになるが、雨季にも関わらず、現在の貯水量は5900万立方メートルとなり、貯水率は21%にとどまっている。

このダムは生活用水、農業用水、工業用水などに使用される水を日々放水しているが、このまま雨が降らずダムの貯水量が減り続けた場合、放水量を減らしてまず農業用水の使用を制限するようだ。
(タイ通 2019年8月16日 22時49分)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイ東北部 水不足に対応するため国立病院が8カ所で井戸掘り

少雨による干ばつ被害の拡大が懸念される中、タイ東北部スリン県の国立スリン病院では地下水利用で水不足に対応すべく井戸掘りを始めた。同県を訪れたアヌティン保健相が8月11日、同病院の現状を視察した。

スリン県および近隣県の基幹病院となっているスリン病院では1日に80万~100万リットルの水を使用しているが、現在、干ばつの影響で病院への給水量が激減しているという。

そのため、病院周辺では8つの井戸を掘る作業が進められており、今月15日までに作業が終わる見通しだ。井戸からくみ上げた地下水は大型の濾過機2台で濾過し病院で使用される。
(バンコク週報 2019年8月13日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ東北部 降雨でメコン川の水量が増加するも昨年の半分以下

東南アジアで最長の河川であるメコン川に関する東北部ナコンパノム県からの報道によれば、先の降雨で水量が増加しているものの、水位は昨年同期を下回っており、依然として水不足が懸念されるという。

メコン川は部分的にタイ・ラオス国境をなしており、ナコンパノム県もメコン川がラオスとの国境となっている。

地元当局によれば、先週の降雨でメコン川は水量が増えて水位が4.3メートルになっているものの、昨年同期の水位9~10メートルには及ばない状態とのことだ。
(バンコク週報 2019年8月5日)

2013_07110129          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ北部と東北部で深刻な水不足の恐れ 人工雨など緊急対策が急務に

国家水源事務所のソムキアット事務局長によれば、タイ北部と東北部の20県が深刻な水不足に見舞われる可能性の高まっていることから、プラユット首相に対し、緊急干ばつ対策7件の実施を求める予定という。

これらの対策は、人工雨を降らせる、運河や池を掘り下げ流水量・貯水量を増やす、井戸の修理・掘削、被災農家への賠償、貯水方法に関する教育などとなっている。

なお、国内の貯水施設の水量は現在、約380億立方メートルにすぎず、昨年同期を47%下回っているとのことだ。
(バンコク週報 2019年7月23日)

20171117
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

今年は水不足、ウボンラットダムが枯渇

タイ東北部コーンケーン県ウボンラット郡にあるウボンラットダムが枯渇しそうなようだ。今年は水不足で悩まされる可能性が高まった。

タイ地元紙によると、本日(27日)時点で使用可能な水量は1億107立方メートル。貯水率では5%程度だそう。

同県知事は、昨年末にダムに流れ込む水量が少なかったことが理由としており、今後の状況次第で2016年と同等の水不足に悩まされる可能性があると語っている。
(タイ通 2019年2月27日 16時56分)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!