タイには1千万人以上の喫煙者が、毎年7万2千人がタバコが原因で死亡

The Nationによると、タイにはまだ1000万人以上の喫煙者がおり、年間平均7万2000人以上がタバコが原因で死亡しています。

マヒドン学のRoengrudee Patanavanich博士によると、タイでは喫煙が主な原因となった「肺がん、肺気腫、肺炎症、結核」などの疾患で、毎年平均7万2000人以上が死亡していて、彼らの寿命は平均18年ほど短縮されています。また博士は、タイでは2017年に1070万人の喫煙者がいましたが、そのうち72,565人が喫煙関連の疾患で死亡したと付け加えました。

なお喫煙による疾患の推定合計治療費用は年間で約77億6200万バーツ。病気で失われた収入の機会は年間117億6600万バーツ。合計する年間約2,200億バーツの財政的損失が発生と指摘。それはタバコの税収の約686億バーツを遥かに越えるものとなっています。

それでもタイはタバコには厳しい国。タバコのパッケージにはグロテクスクな写真と警告分を記載しなければならず、公共の場では一切禁煙で、タイ各地の6つの空港では、2019年2月より完全禁煙となりました。
(タイランドニュース 2019年5月28日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイのデング熱、4カ月で1.8万人 24人死亡

タイ保健省によると、年初から4月30日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は1万8105人で、24人が死亡した。患者数は前年同期の2倍以上。

バンコクでは1372人の感染報告があり、1人が死亡した。

3月24日~4月20日では中部ペチャブリ県、東部のラヨン県、チャチュンサオ県、チョンブリ県、東北部のウボンラチャタニ県、チャイヤプム県、ノンカイ県、南部のクラビ県、ナコンシータマラート県などで感染率が高かった。

デング熱はデングウイルスを持つ蚊に刺されることで感染する。一度かかると免疫ができるが、異なる型のデングウイルスに感染した場合は再発症する。デング熱を媒介する蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなど)の活動時間は夜明け少し前から日暮れまでの間、特に朝と夕方だが、室内にいる蚊は夜間でも刺すことがある。予防接種や予防薬はなく、蚊に刺されないことが唯一の予防方法。

感染してから発症するまでの期間(潜伏期間)は通常3~7日。症状は急激な発熱(38~40度)、頭痛、関節痛、筋肉痛など。特効薬はなく、一般的に対症療法が行われる。発熱は3~5日間継続し、解熱とともにかゆみをともなった発疹が胸部や四肢に広がることがある。食欲不振、全身倦怠感は1、2週間続く。血小板が減少した例では、鼻出血、歯肉からの出血、生理出血の過多が起きることがある。通常、1、2週間で回復し、後遺症をともなうことはほとんどない。

特別な治療を行わなくても重症に至らない場合が多く、死亡率は1%以下といわれる。ただし、時折、重症型のデング出血熱になることがある。デング出血熱は口や鼻などの粘膜からの出血をともない、死亡率の低いデング熱と異なり、通常でも10%前後、適切な治療を受けない場合は40~50%が死亡するといわれる。デング熱にかかった人がデング出血熱になるかどうかは事前に予測できない。
(newsclip.be 2019年5月5日 18時54分)

20171117
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

保健当局 半生の豚肉に注意喚起 豚レンサ球菌で今年10人が死亡

タイ保健省疾病対策局はこのほど、半生の豚肉を使った料理を食べないよう呼びかけた。同局によれば、タイ料理の中には生に近い豚肉を使ったものもあり、これが原因の病気が報告されている。

タイ正月(4月13日)を祝うソンクラン祭では帰省する人が多く、家族が集まったところで半生の豚肉を使った料理が出てくる可能性もあるが、十分に加熱されていない豚肉を食した場合、豚レンサ球菌により聴覚に障害が出たり、死亡したりすることがある。

同局によれば、今年1月1日から3月28日までの期間に豚レンサ球菌に感染して10人が死亡している。
(バンコク週報 2019年4月11日)

20180419
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

交通事故での即死者 今年はすでに約1万1000人に 

飲酒運転撲滅に力を入れている基金によれば、今年1月1日から10月21日までの期間中に国内で交通事故のため1万794人が死亡した。

だが、同基金の事務局長を務めるテーチン氏は、「この数字は交通事故の現場で死亡した人の数」と指摘。搬送先の病院で死亡した人などを含めると交通事故の死者数はさらに増えるとのことだ。
(バンコク週報 2018年11月19日)

2010_05020073
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ南部2県 はしか感染で15人目が死亡

タイ南部パタニ県で麻疹(はしか)に感染した生後10カ月の男の赤ん坊が合併症のため死亡。これで今年に入ってからパタニとヤラの南部2県で死亡した麻疹感染者は合計15人となった。

死亡した赤ん坊は、高熱と発疹のためパタニ県マヨ郡の病院に入院したが、肺炎を併発するなどして容体が悪化。設備の整ったパタニ病院に転院したが、手の施しようがなかったという。

数日前には同県ヤラン郡で生後9カ月の女の赤ん坊が麻疹に感染。病院に入院したが、治療のかいなく死亡した。この赤ん坊は麻疹の予防接種を受けていなかった。

パタニとヤラの2県では、今年1月1日~11月3日までに合計1252人が麻疹に感染しており、うちヤラ県で10人、パタニ県で4人が合併症で死亡している。
(バンコク週報 2018年11月5日)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!