保健当局 半生の豚肉に注意喚起 豚レンサ球菌で今年10人が死亡

タイ保健省疾病対策局はこのほど、半生の豚肉を使った料理を食べないよう呼びかけた。同局によれば、タイ料理の中には生に近い豚肉を使ったものもあり、これが原因の病気が報告されている。

タイ正月(4月13日)を祝うソンクラン祭では帰省する人が多く、家族が集まったところで半生の豚肉を使った料理が出てくる可能性もあるが、十分に加熱されていない豚肉を食した場合、豚レンサ球菌により聴覚に障害が出たり、死亡したりすることがある。

同局によれば、今年1月1日から3月28日までの期間に豚レンサ球菌に感染して10人が死亡している。
(バンコク週報 2019年4月11日)

20180419
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

交通事故での即死者 今年はすでに約1万1000人に 

飲酒運転撲滅に力を入れている基金によれば、今年1月1日から10月21日までの期間中に国内で交通事故のため1万794人が死亡した。

だが、同基金の事務局長を務めるテーチン氏は、「この数字は交通事故の現場で死亡した人の数」と指摘。搬送先の病院で死亡した人などを含めると交通事故の死者数はさらに増えるとのことだ。
(バンコク週報 2018年11月19日)

2010_05020073
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ南部2県 はしか感染で15人目が死亡

タイ南部パタニ県で麻疹(はしか)に感染した生後10カ月の男の赤ん坊が合併症のため死亡。これで今年に入ってからパタニとヤラの南部2県で死亡した麻疹感染者は合計15人となった。

死亡した赤ん坊は、高熱と発疹のためパタニ県マヨ郡の病院に入院したが、肺炎を併発するなどして容体が悪化。設備の整ったパタニ病院に転院したが、手の施しようがなかったという。

数日前には同県ヤラン郡で生後9カ月の女の赤ん坊が麻疹に感染。病院に入院したが、治療のかいなく死亡した。この赤ん坊は麻疹の予防接種を受けていなかった。

パタニとヤラの2県では、今年1月1日~11月3日までに合計1252人が麻疹に感染しており、うちヤラ県で10人、パタニ県で4人が合併症で死亡している。
(バンコク週報 2018年11月5日)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ西部県で女性が狂犬病に感染して死亡 今年16人目

保健省疾病対策局によれば、ミャンマーと国境を接する西部ターク県で50歳の女性が狂犬病に感染して死亡した。これで今年に入ってからの狂犬病による死者は計16人となった。

この女性は約1年前に南部スラタニ県で犬に右手を噛まれた。この犬は狂犬病ワクチンを接種の記録がなかったが、女性は狂犬病ワクチンを接種しなかった。

狂犬病は人が感染して発症するとほぼ100%死亡。傷口から入った狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達することで発症するが、ウイルスの感染速度はゆっくりで、頭部から遠い場所を噛まれるほど潜伏期間も長期に及ぶ。噛まれてから2年後に発症したケースも報告されている。
(バンコク週報 2018年9月6日)

2014_10220017s
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タイ東北部 電気技師が狂犬病に感染して死亡 今年11人目

東北部カラシン県のカラシン病院に入院中だった電気技師の男性(42)が6月17日午前6時ごろ、狂犬病のために死亡した。男性は約8カ月前に犬に噛まれており、その際に狂犬病に感染したとみられている。これで今年に入って国内で狂犬病のために死亡した人は計11人となった。

男性は昨年10月、オートバイで電気工事の仕事に出かけ、仕事が終わったあと、雑貨店で酒を買ったが、その際に雑貨店で飼われていた犬のしっぽを誤って踏んでしまい犬に足を噛まれたという。しかし、アルコールで傷口を洗っただけで、ワクチン接種は受けなかった。

その翌日、雑貨店の店主は犬が人を噛んだことを怒って犬を殺してしまったため、狂犬病感染の有無を確かめることができなかった。

そして、7か月後の今年5月ごろから男性は熱が続くようになったため6月12日に最寄りの病院に入院。
14日にはカラシン病院に転院し、検体を保健省の研究機関に送って分析してもらったところ狂犬病に感染していることが判明したという。なお、カラシン県ではこの20年ほど、狂犬病に感染して死亡した人はいなかった。

狂犬病は発症するとほぼ確実に死亡する。また、狂犬病は狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達して発症するため、噛まれたところが足先など脳神経組織から遠い場合、潜伏期間が数カ月に及ぶこともある。
(バンコク週報 2018年6月18日)

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。