13、445…タイ宝くじ「救出にあやかりたい」ブーム

サッカー少年とコーチの計13人が洞窟から助け出されたタイ北部のチェンライでは、救出劇にあやかる数字が入る宝くじが品薄となる人気となっている。全員の無事はさっそく験担ぎに使われるほど、地元でも話題となっている。

タイ最北端の街、チェンライ県メーサイ。13日、ミャンマーとの国境検問所を背に、路上でケースを広げて宝くじを販売する人たちが10人ほどいた。

「13ある?」「445は?」。行き交う人たちはそう言って足を少し止め、宝くじの数字に目をこらす。

くじは数字が6けたあり、下2けたと下3けたを当てるのが多くのファンの狙いどころだ。一番人気は少年らの人数「13」で、販売直後に売り切れた。「445」は4人、4人、5人と順番に救出されたことにあやかるもので、騒ぎが続いた7月と、閉じ込められてから全員救出までの17日間をあわせた「717」も縁起がよいと人気だ。救出活動中に亡くなった男性ダイバー(38)の年齢にちなむ「38」も、追悼の意味を込めて買い求める客が多い。

抽選は毎月1日と16日にあり、今月1日に少年らが閉じ込められた6月23日の「623」が当選番号となったことから、関連する番号の人気に拍車がかかった。タイでは2016年にプミポン前国王が亡くなり、年齢にちなんだ「89」を多くの人が買い求めた。「今回はそれ以来の大ブーム。買いに来るお客さんも、販売する仲間同士でも、洞窟の話題で持ちきり」と、販売人のカウさん(43)は話した。
(朝日新聞DIGITAL 2018年7月15日 08時53分)

20171217

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ洞窟からの脱出物語が映画化へ!ハリウッド映画よりもタイ映画を希望!

今やタイも日本も、そして世界もこの話題でもちきりです。2018年6月23日にタイ北部チェンライの洞窟に入って行方不明になってから、実に18日ぶり無事全員救出された、12人のサッカー少年と1人のコーチ。

13人は現在入院中ですが、健康に大きな問題はなく、7月11日には救助後はじめて、病室の少年らの映像が公開されました。隔離中でマスクをしているものの、元気そうにガラス越しに家族らと面会する少年たちの姿が映っています。

そんな中、巷では早くも今回の洞窟からの脱出劇を映画しようという動きがあるそうで、既にハリウッドのプロデューサーらは映画化権獲得に向けて動いているとのこと。早かれ遅かれ劇場でこの物語が観られることになるのでしょう。

ハリウッドで映画化されるのであれば、莫大は予算でダイナミックなストーリーになることは間違いないなし。脱出完了前から現地の洞窟を訪れていた映画プロデューサーのマイケル・スコット氏は世界的ヒットを予想し、映画化に意欲を見せているそうです。

しかし個人的にはハリウッドでなく、タイでの映画化を希望。脱出劇に焦点を当てるよりも、洞窟内で待ち続ける少年らのやり取りをコミカルに描くような、いかにもタイ映画らしい作品で、世界中で爆発的ヒットを飛ばして欲しいというのが個人的な希望なのですが…。
(タイランドニュース 2018年7月12日)

※このタイミングで…如何なものか。

20171113
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。
http://www.kate-bangkok.com

タイの奇跡 洞窟のサッカー少年ら13人が無事生還 そのときのタイのTVは

2018年7月10日、タイ時間午後8時過ぎ。タイ北部チェンライ県の洞窟で、先月23日から行方不明になっていたサッカー少年12人とコーチ1人の13人が、タイ軍や国外のボランティア潜水チームらによって全員無事に救出された。

少年らは行方不明から9日後の今月2日に生存が確認されていたが、雨水などで冠水した洞窟からの救出に難航し、18日目の10日夜に最後のひとりが生還した。

世界中に注目される困難な救出劇となり、発見時は脱出までにさらに数カ月はかかる可能性もあった。しかし、状況の悪化を懸念した救出チームらは少年らを運び出すことを強行し、数日に分けて少年らを運び出し、無事救出劇の幕は降りた。この救出作業で潜水士1人が命を落としている。

全員救出を報道するタイのテレビは歓喜に沸いており、レポーターも涙ながらに状況を説明する場面も見られた。タイでは引率していたコーチに対する責任追及に関してあまり声は上がっておらず、今後警察などの調査により原因が究明されていくと見られる。

無事救出が終わり、タイのテレビ報道番組では世界各国での報道の様子も紹介された。日本のテレビ番組が製作した洞窟内の様子を現したジオラマと報道の方法が紹介されると、一部のタイ人視聴者からは「すごい」という声も上がっていた。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年7月11日 09時45分)

20171211

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

チェンライ県洞窟の知名度急上昇 観光客誘致へ

タイ北部チェンライ県のタムルアン洞窟に入った地元サッカーチームの少年12人とコーチが増水のため出てこられなくなり、海外でも大きなニュースとなっている。

このため、タイ国政府観光庁(TAT)チェンライ支部のカルナ支部長は、この洞窟を含む同県の観光スポットを前面に出した観光促進キャンペーンを地元当局と共同で展開する用意のあることを明らかにした。

同支部によれば、昨年の統計ではタイ最北端チェンライ県を訪れた観光客は計270万人、観光収入は約300億バーツとなっている。
(バンコク通報 2018年7月4日)

※今のタイミングで言う?

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。