首都圏の大気汚染深刻に 首相が公共輸送機関の利用呼びかけ

バンコク首都圏ではかつてないほど大気汚染が悪化し、住民の健康への影響を懸念する声が高まっている。このため、プラユット首相はこのほど、バンコクの住民に対し、乗用車の利用を避けバスや電車といった公共輸送機関を使うよう呼びかけた。

一方、汚れた排ガスの排出を減らすべく「10年以上経過した自動車の使用を禁止すべき」との意見について、プラユット首相は「影響が少なくないため慎重な検討が必要」との見方を示した。
(バンコク週報 2019年2月1日)

2006_11240063
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクの大気汚染深刻、防塵マスクが品薄に

バンコク首都圏の大気汚染状況が、連日健康に影響が出るレベルが続いており、メディアでも大々的に報道されていることを受け、粒子状物質(PM2.5)対応の防塵マスクが販売店で品薄が続いているそうだ。

タイ地元紙によると、これを受け国内貿易局は、現在防塵マスクの国内の流通状況を確認するとともに、防塵マスク生産工場に増産を呼びかけている。

またこの状況に合わせて、供給を減らして市場価格を釣り上げようとしたり、ボッタくる業者にも目を光らせているとし、場合によっては処罰する方針としている。
(タイ通 2019年1月15日 19時09分)

2015_02110054
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

20前後の県で深刻な干ばつ被害か ダム貯水量増えず

チャチャイ副首相は11月19日、今年の乾季に干ばつ被害を受ける可能性のある県が20前後になるとの見方を示した。これはダムなど貯水施設の水量が比較的少なく、農業や生活に必要な水を十分に供給できない県が出てくると予想されるため。

タイでは年末から2月ごろにかけて比較的涼しく雨の降らないシーズンが到来。その後は徐々に気温が上昇し真夏が訪れ、5月ごろ雨季が始まる。そのため、3月から4月ごろにかけ深刻な水不足に見舞われることが懸念されるという。
(バンコク週報 2018年11月20日)

2014_04050072
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

パタヤの観光業 中国人旅行者の大幅減で深刻な打撃

タイ東部チョンブリ県パタヤは世界的に知られたビーチリゾートだが、同地では中国人観光客が大幅に減少しており、ホテルが悲鳴を上げている。

パタヤ・ホテル・クラブのスワット会長によれば、パタヤを訪れる中国人観光客が以前に比べて60%程度減少した。同地では2016年、格安パッケージツアーで募った中国人観光客に水増し価格で土産物を買わせる悪徳業者が暗躍したてことで、当局が取り締まりを強化。その結果、タイを訪れる中国人が減少することになったが、現在の方が状況は深刻という。

先にプーケットで観光船が沈没して中国人50人あまりが死亡したことなどで中国人観光客が大幅に減少することになった。スワット会長によれば、政府は外国人観光客を誘致する複数の措置を打ち出しているものの、パタヤの観光業は非常に大きなダメージを受けており、追加の措置が必要とのことだ。
(バンコク週報 2018年11月19日)

2016_09240008        (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!