マカブーチャ(万仏節)で2019年2月19日はアルコール販売禁止

2019年2月19日(火)は、「マカブーチャ(万仏節)」と呼ばれる仏教の日のため、 アルコール販売禁止が禁止となります。この日も自宅等では飲酒が可能なため、お早めの買い置きを。

またナイトスポットなどは、閉店する可能性もあるため予めご確認ください。

◆マーカブーチャー(万仏節)
陰暦3月の満月の日に釈迦がウェールワン寺院を訪れた際、悟りの境地に達した1,250人の弟子が偶然一堂に会したという奇跡的な出来事を祝う日で、人々は寺で説法を聞き、手にロウソクを持って本堂や仏道を3巡します。
在京タイ王国大使館HPより

(タイランドニュース 2019年2月18日)

2014_10220154p
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイ正月にアルコールを禁止する計画!?

The Nationによると2019年2月15日、アルコール管理委員会はタイ正月の4月13日にアルコールを販売しない決議をしました。ただしこれが実施されるには、アルコール政策委員会に承認されなければなりません。

タイ正月は交通事故が多く、その主な原因が飲酒。酒に酔った運転手がピックアップトラックの荷台に人を乗せて、水掛け祭りに繰り出すといのも、恐らく今もあるのでしょう。タイ正月期間中は、多数の死傷者が出るのが、毎年のこととなっています。

飲酒運転の事故は、たとえ自分が飲んでいなくても、ほかの車の運転手が飲んでいて危険なのは同じ。果たして本当にタイ正月はアルコール販売禁止になるのでしょうか?
(タイランドニュース 2019年2月15日)

2015_07130088
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

首相候補のタイ国王姉、国王が政界入り禁止

ワチラロンコン国王(66)の姉のウボンラット王女(67)が3月の議会下院(定数500)総選挙で政党の首相候補となったことについて、8日夜、ウボンラット王女が政治職につくことを禁じる国王の命令が官報に記載され、地上波テレビ局全局で一斉に放送された。

国王は、ウボンラット王女は王族籍を離れたとはいえ王室の一員であり、王族が政治に関与するのは憲法と立憲君主制の伝統に反すると指摘した。

ウボンラット王女は翌9日朝、インスタグラムに投稿し、支援者に謝意を伝えるとともに、「タイが前進し、国際社会に受け入れられること」「国民全員が権利と機会を持つこと」を期待するなどと記した。

タイは2014年の軍事クーデターでタクシン元首相派の民選政権が倒されて以来、軍事政権下にある。今年3月24日に11年ぶりに下院選が行われるが、議会上院(定数250)が軍政の支配下にあるなど、完全な民主化は期待できない状態だ。こうした中、タクシン派の政党、タイラクサーチャート党が8日朝、ウボンラット王女を党の首相候補として選挙委員会に届け出て、タイ全土に衝撃が走った。

ウボンラット王女は米国留学中に米国人と結婚し、タイ王族籍を離れている。
(newsclip.be 2019年2月9日 13時50分)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイで禁止の電子タバコ、過去3ヶ月間で80件が摘発され罰金総額500万バーツに

バンコクポストによると、タイ物品税局は、タイを訪れる人々に対して、電子タバコとそれに関連する器具を持ち込む際の罰金について警告をしています。

タイ物品税局局長は2018年11月8日、タイ保健省が提起した電子タバコによる健康上の懸念から、タイ商務省が電子タバコの禁止を実施した、と語りました。

従来のタバコのように見える「シガライク」(おそらくiQOS等と思われます)をタイに持ち込むと、個人使用については1カートンあたり6800バーツの罰金が科されます。販売用については1カートンあたり1万2000バーツの罰金が科されます。

液体リキッドを加熱して水蒸気を吸う「VAPE」については言及しなかったものの、税関法によると、逮捕された場合は販売額の4倍の罰金が科せられ、最高で10年の懲役となります。

なおタイ物品税局は過去3ヶ月間で、電子タバコと関連する器具について80件を押収し、総額500万バーツの罰金を科したとのこと。

まもなく年末年始のお休みで、多くの人々がタイを訪れます。「罰金から始まるタイ旅行」にならぬように、電子タバコの持ち込みには十分ご注意ください。
(タイランドニュース 2018年11月9日)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

10年以上使用の路線バン禁止 バンコク首都圏

タイ当局は1日から、10年以上使用した路線バンの使用をバンコク首都圏の20の路線で禁止した。安全上の理由から、今後、路線バンの新規導入は認めず、運行車両を順次、ミニバスに切り替える。

今回の措置で、2017~2018年に路線バン954台が運行を停止し、運行中の路線バンは約1800台になる。
(newsclip.be 2018年10月2日 01時25分)

2015_02110015
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?