バンコク 歩道走行のバイクの罰金引き上げ 8月1日から

バンコク都庁ではオートバイが歩道を走行した場合の罰金上限を1000バーツから2000バーツに引き上げるよう条例を改正、8月1日から施行されることになった。都庁担当者が発表した。

なお、改正条例では、罰金の最高額を5000バーツにまで引き上げることも可能としている。

過去12カ月間にバンコクでオートバイの歩道走行で摘発された者は合計2万870人。うち1万4870人に罰金刑が科せられたが、残りは警告のみとなっている。
(バンコク週報 2019年7月30日)

2014_04080040
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

交通違反罰金未納は車両登録更新認めず タイ当局が新措置導入

タイ当局は10月1日から、交通違反の罰金が未納の場合、車両登録の更新を認めない。タイ運輸省陸運局とタイ警察が29日、共同記者会見を開き、発表した。

今月24日、交通違反と自動車税に関する情報共有を開始した。罰金が未納の場合、自動車税の納付を原則として認めない。

タイでは交通違反の罰金滞納が極めて多い。今回の措置で罰金の滞納、未納が一気に減ると期待されている。
(newsclip.be 2019年5月29日 21時51分)

2014_04090045
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

メーター不使用で運賃ぼったくり バンコクのタクシー運転手に罰金2000バーツ

タイ運輸省陸運局は3日、バンコクのタクシー運転手の男性を出頭させ、メーターの不使用で1000バーツ、使用期限切れの車両を使用したことでさらに1000バーツの罰金を科し、免許停止1カ月の処分を下したと発表した。

調べによると、この運転手は2月23日、バンコク都心のサイアムスクエアで自分が運転するタクシーに韓国人女性を乗せ、バンコク郊外のランシットまで、メーターを使用せずに走行。運賃として、通常の5倍近い950バーツを請求し、700バーツを受け取った。女性の知人のタイ人女性が現場でタクシーの運転手、ナンバープレートなどを撮影し、警察に通報したが、何の進展もなかったため、2月28日にインターネットの交流サイトに投稿した。
(newsclip.be 2019年3月4日 10時53分)

2014_04090038
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

乗車拒否で罰金1000バーツ バンコクの「タクシーOK」

タイ運輸省陸運局は20日、乗車拒否したタクシー運転手の男性を出頭させ、罰金1000バーツ、免許停止1カ月の処分を下した。

処分を受けたのは、陸運局が昨年始動した新サービス「タクシーOK」の運転手。19日午後、バンコク都内のプラトゥーナム交差点で女性の乗車を拒否し、この女性が近くにいた警官に通報。女性はさらに、運転手が乗車を拒否する様子を撮影した映像をフェイスブックに投稿した。

「タクシーOK」は専用の配車アプリが使用でき、全車両が衛星利用測位システム(GPS)、乗客用の緊急ボタン、車内ビデオカメラを搭載。乗車拒否やメーターの使用拒否、運賃のごまかしをしないという触れ込みだった。

タイのタクシーは粗暴な態度や危険な運転、メーターに細工するなど様々な手口による運賃のごまかし、常習的な乗車拒否などで知られる。タイ当局は「タクシーOK」の導入や取り締まりの強化でサービスの改善を目指している。
(newsclip.be 2019年2月20日 23時48分)

2015_07120079
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ空港の全面禁煙について日本大使館から注意、空港内喫煙所も閉鎖

先日お伝えしたタイ国内の6つの主要空港が全面禁煙になったニュース(参照 タイの6空港が全面禁煙に!2019年2月3日よりスタート)。これ受けて在タイ日本国大使館は、注意をするよう呼び掛けを行っています。

◆タイ空港の全面禁煙について

●2月3日から、タイ国内の6箇所の空港では全面禁煙となっています。違反した場合は罰金支払いが求められますので、ご注意ください。
●タイでは、たばこに関して制限や罰則がありますので、併せてご注意ください。

報道等によれば、タイ国内にある6箇所の空港(バンコク(スワンナプーム、ドンムアン)、プーケット、チェンマイ、ハジャイ、チェンライ(メーファールアン))では、2月3日から全面禁煙となっています。これに伴い、各空港における喫煙所は閉鎖され、空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

なお、本件に限らず、タイではたばこに関して制限や罰則があります。違反した場合は罰金が科されます。支払いを拒否した場合は身柄を拘束される可能性もあります。

(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで
(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙
(4)たばこのポイ捨ては禁止

在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、上記次第を踏まえて十分ご注意の上、安全で楽しい滞在,休暇をお過ごしください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

(タイランドニュース 2019年2月5日)

2014_10250105s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!