タイ政府観光庁が2021年4月からパックツアーの販売を計画、ワクチン接種で隔離なしか隔離3日を検討

タイには2021年2月24日に、中国から最初の新型コロナウイルスワクチン(シノバク・バイオテク製 20万回分)が到着。感染リスクの高い県から接種が始まります。

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック・スパソーン総裁は2月24日、新型コロナウイルスワクチンを接種した旅行者に対する規制緩和計画が準備中であると語りました。ロイターが伝えています。

現在タイに入国した人々は14日間の隔離検疫を受けなければなりませんが、総裁によると、ワクチンを接種すれば隔離検疫を免除するか、隔離検疫を3日間に短縮する可能性について検討中。また第三四半期(10月~12月)には旅行者を歓迎したいため、急ぐ必要があるとのこと。

またタイ政府観光庁は、4月にもパッケージツアーの販売を開始する予定とも伝えられています。

先の報道によると、中国から到着したワクチンはバンコク都と感染リスクの高い8県で接種が開始される予定ですが、タイ観光スポーツ省はチョンブリ、クラビ、パンガー、チェンマイ、プーケットといった主要観光地がある県の観光労働者のために10万回分のワクチンを要求しています。

(タイランドニュース 2021年2月25日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

2月22日に規制緩和の会議、バンコクの飲食店でアルコール提供が許可される可能性も

新型コロナウイルスの第二波に襲われたタイ。2021年1月初旬からは感染拡大抑制のために規制が実施され、バンコクなどでは飲食店でのアルコール類の提供は禁止となりました。現在もそれは継続していますが、規制が緩和される可能性があるようです。

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年2月22日(月)に会議を開き、危険度によって色分けされた区分のステータスの変更や規制緩和について協議します。2月16日(火)にタイCOVID-19状況管理センターのスポークスパーソンであるタウィーシン・ウィサヌヨーティン博士が明らかにしました。各報道が伝えています。

現在バンコクは最高度管理地域「レッドゾーン」のため、飲食店でのアルコール提供やバーやパブなどの娯楽施設の営業は禁止されています。もし2月22日(月)の会議で規制緩和が実現すれば、バンコクでアルコール提供や娯楽施設が再開出来るようになる可能性があります。

【新型コロナウイルス危険度別の色分け区分】
ダークレッド(1県) 

サムットサコン
レッド(4都県)
バンコク、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン
オレンジ(20県)
カンチャナブリ、チャンタブリ、チャチュンサオ、チョンブリ、シンブリ、トラート、ターク、ナコンナーヨック、ナコンパトム、プラチンブリ、ペッチャブリ、ラヨーン、ラーチャブリ、ロッブリ、サムットソンクラム、サケーオ、サラブリ、スパンブリ、アユタヤ、アントーン
イエロー(17県)
カーンペンペット、チャイナート、チャイヤプーム、チュムポーン、ナコンラチャシマ、ナコンサワン、ナラティワート、ブリラム、プラチュアップキーリカン、パンガー、ペッチャブリ、ヤラー、ラノーン、ソンクラー、スコータイ、スラーニ、ウタイタニ
グリーン(35県)
クラビー、カラシン、コンケン、チェンライ、チェンマイ、トラン、ナコンパノム、ナコンシータマラート、ナーン、ブンカーン、パッタニー、パヤオ、パッタルン、ピチット、ピサヌローク、プレー、プーケット、マハーサラカム、ムクダハン、メホンソン、ヤソートン、ローイエット、ランパーン、ランプーン、ルーイ、シーサケート、サコンナコン、サトゥン、スリン、ノンカイ、ノンブアランプー、アムナーチャルン、ウドンタニ、ウタラディット、ウボンラチャタニ
(タイランドニュース 2021年2月17日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

新型コロナ規制緩和第4弾、夜間外出禁止令を6月15日から解除

新型コロナウイルス感染症(COVIT‐19)対策センターのタウィシン広報担当は6月12日の定例会見で、夜間外出禁止令を6月15日から解除すると発表。ただし、陸海空路でのタイ入国禁止措置は継続させるとした。

このほか新型コロナ規制緩和第4弾を正式に発表した。

■教育施設・公的施設の利⽤制限緩和
― インターナショナルスクールおよび学習塾の授業のための施設利用を許可
― 全校生徒・学生が120人を超えない学校での授業を許可
― 官公庁・政府機関施設をカリキュラムに従った研修・セミナーのため利用することを許可

■規制が緩和される施設・事業【経済・⽣活分野】
①ホテル・劇場・会議室・会議場・見本市会場・映画館およびこられに類する施設で、会議・研修・セミナー・見本市・展示会・演奏会・演劇・舞踏・コンサート・イベントを開催することを許可
― 会議・研修・セミナーは参加者1人当たり4平方㍍以上の床面積を確保
― パーティー・イベント・商品紹介・コンペティション・競技は座席・立ち席ともに1㍍以上離す
― 演奏会・コンサートは混雑を避け入場者1 人当たり5平方㍍以上の床面積を確保
②レストラン、フードコート、ショッピングセンター、ホテル、飲食店および合法的な許可を得た施設でのアルコール飲料提供を許可
― パブ・バー・カラオケ・ビアホールは営業停止を継続
― ビアガールなどによる販促は禁止
③児童・幼児開発施設、保育所、託児所、障がい者教育施設、高齢者ケア施設での活動制限緩和
― 児童・幼児はグループ分けの上、1人当たり2平方㍍以上の床面積を確保
― 高齢者にはインフルエンザのワクチン接種を義務付け。また、健康状態を常時チェック
④プラネタリウムなど科学学習センターおよびエリア
― グループ分けの上、グループ毎に交代制で入場
⑤映画・テレビ番組・ビデオ作品のロケおよびスタジオ撮影
― 1チーム150人以下、観客は50人以下とする

■規制が緩和される施設・事業(スポーツ・健康・レクリエーション分野)
①健康センター・スパ・古式マッサージ店でのサウナ・薬草サウナサービス提供
― 個室を利用(複数の人が同じ部屋でサービスを受ける場合は1人当たり5平方㍍以上の面積を確保する)
― 特殊浴場(マッサージパーラー)の営業は不可
②公園、イベントエリア、屋外スポーツエリアで行うグループでの運動を許可
―1人当たり5平方㍍の面積を確保、グループの人数上限は50人
③遊園地、子ども用プレイグラウンド、ウォーターパーク、公共プールの営業許可
― 一時的に設置された遊具、ボールハウスなど身体接触の機会の多い遊具は使用不可
― ウォーターパーク・公共プールは入園者1人当たり8平方㍍以上の面積を確保
④運動場、スポーツ施設、スポーツ教室での試合およびテレビ生中継を許可。観客席の設置は不可。試合実施に当たっては当局の規則に従うこと
⑤デパート・ショッピングセンター・コミュニティーモール内のゲーム機の利用許可

このほか、公共輸送機関(路線バス、長距離バス、鉄道、航空機)の運行・運航制限も緩和される。2日前に発表された草案では 乗客は定員の70%以下とされていたが、航空機についてのみ100%の乗客受入れが許されることになった。現在運航が許可されるのが国内線のみであり、その場合、乗機時間は最大2時間にすぎないというのがその理由。ただ、マスクの常時着用が必要。
(バンコク週報 2020年6月12日)

2015_02110067
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

規制緩和初日、商業施設に待ちかねた市民が殺到 急遽閉店する店舗も

タイ国内のショッピングモールは5月17日、規制緩和により営業再開が可能となり、大勢の人々が詰めかけた。バンコク首都圏ではこれら商業施設の前に開店時刻前から長い人の行列ができた。

このなか、IKEAは午後2時35分、大勢の買い物客が訪れたことで、新型コロナ感染拡大対策のひとつである店内客数を一定レベル以下に維持することが困難になったとしてネット上で閉店を発表した。

このほか、商業施設の従業員から客が多くて距離を保つことが難しく、感染拡大が起きるのではないかと懸念する声も聞かれた。
(バンコク週報 2020年5月18日)

2015_07120099
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

アルコール飲料販売再開など5月3日からの規制緩和詳細が発表

新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)対策センターは5月2日の定例会見で、3日から実施される一部商業施設の営業再開についての詳細を発表した。

タイ国家安全保障会議のソムサク事務局長はこの日、感染防止策を経済再生策に優先させるとの基本方針を明確にした上で、アルコール飲料の販売再開は5月3日から可能であるが、告知権限は各都県の都知事・県知事にあることから販売再開後に感染者が増加した場合には都県ごとの判断で再びアルコール飲料の販売を中止できると説明した。購入したアルコール飲料は自宅で飲むことになるが大人数で集まり酒席を設ける行為は非常事態宣言の規定で禁止されている集会禁止に抵触することから警告もしくは罰則適用の対象になるとした。

この日発表された規制緩和に関する詳細は以下の通り。

■ホテル・空港・鉄道駅・バスターミナル・食堂・喫茶店・コンビニエンスストア・改造車店舗・行商・露店では以下のサービスが許可される。①持ち帰り用飲食品販売②店内飲食も可能である、座席を最低1㍍離すほか(1.5~2㍍を推奨)、入店時の検温、消毒ジェル設置を徹底する。③アルコール飲料は持ち帰り分のみ販売可。

■デパート・ショッピングセンター・コミュニティーモールでは、スーパーマーケット・ドラッグストア・日用雑貨店・携帯ショップ・銀行・官公庁営業所の営業が許可される。レストランは持ち帰り分のみ販売可。

■小売店・卸売店・市場店・水上マーケット・定期市は営業が認められるが、入店・入場者に対し検温を実施するほか、店舗間隔・買い物客間隔を最低1㍍(1.5~2㍍を推奨)離すなど感染防止策を徹底する。

■美容院・理髪店はシャンプー・カット・ブロー・セットのみ可能。毛染めやパーマなど時間のかかるサービスは許可されない。また、店内での順番待ちを禁止する。

■病院、歯科医院など合法的に開設されたすべての医療施設は営業可。美容整形・美容外科に分類される医療サービスは不可。

■ゴルフ場、練習場は営業可。しかし、競技に類する行為、プレーをしない者の入場は禁止。

■テニス、乗馬、射撃、アーチェリーを実施する屋外運動場は営業可。競技者は一定距離を保ち、競技に類する行為、プレーをしない者の入場は禁止。

■公園、広場、運動場はオープン可。運動場は屋外で十分な広さのあるところに限る。競技等に類する行為は禁止されるほか、単なる付き添いでの来園・来場を禁止する。

■ペットショップ(ペットスパ、シャンプー、トリミング、一時預かりのみ)

一方、県境をまたぐ移動について内務事務次官は、不要不急の場合を除いて自粛もしくは禁止しているうえ、規制の強弱は県によって異なると説明。タイは5月11日まで休みが続くが、首相はこの間の外出を自粛するよう求めている。
(バンコク週報 2020年5月2日)

2014_04080130
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!