覚醒剤密輸でタイ人26人逮捕、日本の空港で昨年4月以降

タイ麻薬取締委員会事務局(ONCB)は8日の記者会見で、2017年4月以降、日本の空港でタイ人26人が麻薬所持で逮捕され、覚醒剤27.7キロが押収されたと発表した。逮捕者の多くは女性で、タイでアフリカ系麻薬組織に運び屋として雇われたとみられる。

バンコクのドンムアン空港でも今年1月、日本行きの便に搭乗する予定だったタイ人の女2人が覚醒剤所持で逮捕された。
(newsclip.be 2018年8月9日 21時45分)

2015_07160001
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。