ZIPAIR、仁川とバンコク線を計画 JALの国際線中長距離LCC

日本航空(JAL)は国際線中長距離の格安航空会社(LCC)の運航開始に向け設立した航空会社のブランドを「ZIPAIR(ジップエア)」と決定しました。ブランド名決定に伴い、設立していたティー・ビー・エルは社名を「株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」に変更しました。ジップエアは2020年夏スケジュールの就航をめざし、準備を進めます。

「ZIPAIR(ジップエア)」の名称は、英語で矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語「ZIP」から生まれた造語で、「フライトの体感時間が短い」ことを表現しています。また、郵便番号「ZIP CODE」が持つ「さまざまな場所に行ける」というイメージ、デジタルファイルフォーマットの「.zip」のイメージも含め、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」との想いが込められています。

社名は、新しい航空会社のベースとなる地名で、世界でも有数のカルチャー発信都市「東京」を冠し、「ZIPAIR Tokyo」としています。

ZIPAIR Tokyoは、社名決定にあわせ3月8日(金)、国土交通省に航空法第100条に基づく航空運送事業許可を申請しました。使用機材は787-8で、事業内容はその地域を日本、アジアとし、2020年夏スケジュールに成田/バンコク・スワンナプーム線、成田/ソウル・仁川線を計画しています。

この社員募集は、4月から開始します。従来の職種別の募集ではなく、客室乗務員業務を中心に、空港旅客サービス業務やサービス企画業務など、幅広いフィールドで活躍するチャレンジ精神の旺盛なスタッフを募集します。4月中旬には採用説明会の開催を予定しており、ウェブサイトから申し込みできます。
(Fly Team 2019年3月8日 16時10分)

2008_07150003
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイ正月にアルコールを禁止する計画!?

The Nationによると2019年2月15日、アルコール管理委員会はタイ正月の4月13日にアルコールを販売しない決議をしました。ただしこれが実施されるには、アルコール政策委員会に承認されなければなりません。

タイ正月は交通事故が多く、その主な原因が飲酒。酒に酔った運転手がピックアップトラックの荷台に人を乗せて、水掛け祭りに繰り出すといのも、恐らく今もあるのでしょう。タイ正月期間中は、多数の死傷者が出るのが、毎年のこととなっています。

飲酒運転の事故は、たとえ自分が飲んでいなくても、ほかの車の運転手が飲んでいて危険なのは同じ。果たして本当にタイ正月はアルコール販売禁止になるのでしょうか?
(タイランドニュース 2019年2月15日)

2015_07130088
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

財務省 低所得者にネット接続無料のSIMカード配布を計画

タイ政府が低所得者支援策を複数講じるなか、財務省ではインターネットに無料で接続できるSIMカードを低所得者に提供することを計画している。

アピサク財務相によれば、同計画は低所得者がインターネット上の様々な情報やニュースにアクセスできるようにすることが目的。例えば、農民であれば、農業に関する情報や作物価格の見通しなどを入手することに使用してほしいという。SIMカード配布の対象は、福祉サービスを受けるために関係当局に登録した低所得者に限られる見通し。
(バンコク週報 2018年12月3日)

2015_07150037
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの「新幹線」計画とん挫か 採算性なし

タイと日本の両国政府が検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ「新幹線」計画がとん挫する雲行きだ。

新幹線の技術を導入し、全長約670キロの高速鉄道を建設運営する計画だったが、日本側が実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが判明した。タイの民間テレビ局ワークポイントなどがタイ運輸省筋の情報として報じたところによると、数千億バーツに上る建設費や開業後の慢性赤字による巨額の費用負担を恐れたタイ政府が日本政府に共同投資を提案したが、日本側は事業はタイの国家資産だとして拒否した。日本政府は今月19、20日にタイのアーコム運輸相が訪日した際にも共同投資に応じない方針を伝え、計画の具体的な進展はなかったという。

バンコク~チェンマイ間のほとんどは広大な平野に農地、疎林、荒れ地が点在し、大都市は存在しない。沿線の最大の都市はチェンマイ市だが、人口は2013年で13.6万人に過ぎない。また、タイ北部は農業が中心で、世帯平均収入(2017年)は月1万9843バーツ(約6.7万円)とバンコク首都圏(4万1335バーツ)の半分程度にとどまっている。

バンコク~チェンマイ間では格安航空を中心に空の便が1日20往復以上運航し、運賃は片道1000バーツ程度から。長距離バスも多数運行している。

巨額の費用を投じて両都市間に高速鉄道を建設しても、人口や経済力の点から乗客数は期待できず、運賃の面でも格安航空との競争が避けられない。あとに残るのは膨れ上がる巨額の債務だけという懸念は強い。

安全面の不安もある。タイ全土で鉄道を運営するタイ国鉄(SRT)は設備の老朽化で脱線事故が絶えない。バンコク首都圏の高架電車BTSも近年は故障が相次いでいる。鉄道の運行管理、保守整備の能力が不足した状態で高速鉄道を導入すれば、重大な事故を招きかねず、その場合、日本に対するタイの国民感情にも悪影響が出る恐れがある。

タイ政府は中国政府と共同で、ラオス国境のタイ東北部ノンカイ市とバンコクを結ぶ高速鉄道建設にも乗り出しているが、こちらも先行きは不透明だ。タイ側は中国の技術を導入する見返りに、中国政府に共同投資を持ちかけたが、中国がこれを拒否。数年にわたる交渉の末、路線の一部、バンコク~ナコンラチャシマ間(全長253キロ)をタイ側の全額負担で建設することで決着し、昨年12月に最初の3.5キロの区間の起工式が行われた。しかし、残る区間については両国間の調整が進まず、完工のめどは立っていない。
(newsclip.be 2018年10月28日 17時34分)

2014_04080023
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

ラマ9の超高層ビル計画 タイ大手財閥セントラルが事業会社買収

タイの大手財閥セントラル・グループの不動産開発会社セントラル・パタナー(CPN)は12日、同業でタイ証券取引所(SET)上場のグランド・カナル・ランドの株式50.4%を株主から101.6億バーツで取得したと発表した。

残る株式49.6%については株式公開買い付けを実施する。

グランド・カナル・ランドはバンコク都内の地下鉄MRTラマ9世駅前で、地上125階、高さ615メートル、延床面積32万平方メートルの超高層ビル「スーパータワー」を含む大規模複合不動産プロジェクト「ザ・グランド・ラマ9」を推進中。ほかにもラマ9世通り一帯で、マンション、オフィスビル、ホテルの開発を進めている。
(newsclip.be 2018年9月13日 00時22分)

2010_05030092
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?