交通違反を取り締まる警官に交通法規試験で正解率8割以上義務付け

首都圏警察のスクム副長官は8月9日、交通違反を取り締まる警察官に交通法規に関する試験で正答率が80%以上であることを義務づけるとの方針を明らかにした。

試験で正答率が80%に達しなかった警察官については、内勤としたり、取り締まりの補助的な仕事をさせたりすることになるという。

同副長官によれば、交通違反で罰金切符を切られたドライバーと交通警察官の間で違反か違反でないかを巡って論争がたびたび起きているが現状。交通法規をよく知る警察官が取り締まりに当たれば、ドライバーとのトラブルも減ることが期待されるとのことだ。
(バンコク週報 2019年8月11日)

2014_04090016
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

パタヤで警察官が電子タバコで恐喝、被害者は警察高官の息子だった

タイでは電子タバコは違法のため、警察の取り締まりの対象で、使用や所持が明らかになれば処罰されることになります。そんな中タイ東部パタヤで、電子タバコをネタに一般人を強請った警察官4人が、懲戒処分になるようです。

各報道によると、事件が起きたのは2019年7月26日。24歳のタイ人男性が電子タバコを2セット購入するため、電子タバコ売人と南パタヤのガソリンスタンドで会うことになりました。価格は1セットあたり1,250バーツで合意したのだとか。しかしガソリンスタンドに現れたのは、売人でなく警察官4人。これは囮捜査だったのです。

警察官は男性を逮捕しパトカーに乗せ、警察署に向かいます。その道中、警察官は男性に「4万バーツを払えば釈放する」と持ちかけたのだとか。しかし男性は4万バーツの持ち合わせがなかったため、身につけていた2万バーツ相当の金のブレスレットと現金5000バーツを渡すことで、釈放されたのです。

男性は、その足で警察署へ向かい、4人の警察官に恐喝された一部始終を報告。防犯カメラの映像から、男性の話していることが真実だったと判断され、4人の警察官は懲戒処分になるのだとか。

なお恐喝された男性は、タイ東北部イサーンの警察副司令官の息子であるとのこと。また男性は2016年9月に、電子タバコの販売で起訴されていました。
(タイランドニュース 2019年7月27日)

20171108
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクで交通渋滞悪化 交通整理警官を増強

バンコクでは鉄道整備計画の工事で車両の通行が制限されているところに大雨で道路が冠水していることで深刻な交通渋滞が発生している。このため、警察庁では、交通整理にさらに多くの警察官を動員するよう指示した。

バンコクでは8月6日の大雨で主要道路が浸水し車両の通行に大きな影響が及んだが、この先2日ほど強い雨が降るものと予想されている。

バンコクの中でも鉄道工事が実施されているラートプラオ通りでひどい渋滞が報告されている。
(バンコク週報 2018年8月7日)

2007_07130035
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

バンコクでの交通違反~警察官が賄賂を受け取る瞬間を見てしまった!

タイ人の友人の引っ越しのお手伝い。ピックアップトラックに荷物を積み、バンコク中心部を移動していました。友人が運転をし、私は助手席です。

とある交差点を左折したところで、警察官に遭遇。すると突然友人は「オ~イ…」と嘆きの声を上げました。警察官に停車するように指示されたのです。

運転席の窓を開けて話をした警察官によると、荷台の荷物をしっかり縛っていないことが交通違反なのだそうです。すとる友人は私に「200バーツ持ってる?」と…。

友人は車内の窓の下の部分で、その200バーツを外からは見えないように警察官に渡します。200バーツを握りしめ、去って行く警官。そう、交通違反を200バーツの賄賂で見逃してもらっていたのです。決して警察官から要求されたということではなく、友人の判断で「これで見逃してください」ということだったらしいですが…。

タイの警察官は賄賂で交通違反を見逃してくれるというのは、昔から言われていること。ただし、賄賂を断固拒否し、賄賂を渡そうとする事自体を罪とする、真面目な警察官もいることお忘れなく。交通ルールは守りましょう!
(タイランドニュース 2018年7月21日)

2015_02100100
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。