バンコクの賃貸ビル賃料が11.2%上昇 建設ラッシュも中国企業で予約埋まる

タイのバンコクでの賃貸オフィスビルについては、大手不動産コンサルティングのJLLによると、グレードAの物件は、賃料が11.2%上がっており、また今後、2019年末までに新規に全体で28万㎡供給されるが、中国IT企業などの予約がすでに入っており、賃料は上昇傾向にあるとしている。

グレードAの物件では平均、1カ月の賃料は1㎡当たり751バーツから824バーツに上がっていて、最も高い賃料は、ゲイソンビレッジとして完成し、ゲイソンプラザの横に建設されたゲイソンタワーで、1㎡当たり1,350バーツ。続いて、オークラホテルも入居しているパークベンチャーで、1㎡当たり1,300バーツとなっている。
(DIGIMA NEWS 2018年10月11日)

2015_0714n011
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

高級オフィス賃料 バンコクは120都市中92位

米不動産仲介大手CBREがまとめた2018年第1四半期の世界の主要都市中心部のオフィス賃料調査で、バンコクの高級物件の平均賃料(1平方メートルあたり月額)は1186バーツで、調査対象の120都市中92位だった。

オフィス賃料が最も高かったのは香港中環地区で8673バーツだった。次いでロンドン・ウエストエンド地区6649バーツ、北京金融街5684バーツ。
(newsclip.be 2018年6月26日 22時51分)

2015_0713n009

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。