バンコクの路線バス運賃、2019年1月21日より値上げ

バンコク首都圏の路線バスの運賃は、エアコン付きバスは現在11バーツから21バーツですが、12バーツから24バーツに値上げとなります。エアコンなしバスは現在6.5バーツですが、7.5バーツに値上げになります。

今回のバス運賃値上げは、2018年12月14日の中央陸上輸送管理委員会の決議により合意されました。
(タイランドニュース 2019年1月11日)

2017_06116494          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク首都圏の路線バス、中国製天然ガスバス489台導入

バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は新たに調達した中国製の天然ガスバス489台を来年にかけ順次導入する。20日、プラユット首相、アーコム運輸相らが出席し、バンコクで導入式典が行われた。

バスは中国の百路佳客車製で、席数35。車椅子での乗降に対応する。タイの特殊車メーカー、チョータウィーと天然ガスの圧縮・輸送などを手がけるスキャン・インターの合弁会社SCN―CHOが調達、保守整備を担当。契約期間10年で、契約額は約42.6億バーツ。
(newsclip.be 2018年12月21日 14時05分)

2014_04060162
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

スクムビット通りで路線バス炎上 BTSバンジャーク駅近く

タイのテレビ報道によると、25日夕方、バンコク都内の高架電車BTSバンジャーク駅近くのスクムビット通りで路線バスが炎上し、車体が全焼した。乗客、乗員は車外に逃れ無事だった。

午後5時40分ごろ、路肩に駐車したバスから火の手が上がり、近くの電線や歩道に駐車したバイクなどに燃え移った。消防が出動し、約20分後に鎮火した。

この事故で、現場周辺では激しい渋滞が起きた。
(newsclip.be 2018年7月25日 21時33分)

※BTSエカマイ駅近くで路線バス炎上も今年ありました。

20171116

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

公共交通機関共通ICカード「メンムム」、MRTで2018年6月23日より利用可能に

バンコクの各交通機関共通で使える乗車ICカード「メンムム(Mangmoom)」が、2018年6月23日よりMRTで利用が可能になります。さらに10月には、エアポートレイルリンクと路線バスでも利用可能になるとのこと。

「メンムム」は6月23日以降に、身分証明書を提示することでMRT駅で入手可能。カード1枚150バーツとなります。(50バーツはデポジットで100バーツ分の乗車が可能)一般が青カード、年配者がゴールドカード、学生がグレーカードです。
(タイランドニュース 2018年6月15日)

20171118

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

バンコクでハイブリッドバスの試験走行

バンコクで路線バスサービスを提供するバンコク大量輸送公社(BMTA)のプラユン総裁代行によれば、日本の協力のもとにバンコクでハイブリッドバスの試験走行が予定されている。

使用されるのは身障者に優しい機能などを備えた日野製の全長12メートル、35座席のバス。

BMTAの7つの路線で6月16日から9月30日にかけて各路線で15日間試験走行が行われる予定。
(バンコク週報 2018年6月1日)

20171216

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。