タイ軍政の地方行脚続く 事実上の選挙活動か

タイ軍事政権のプラユット首相と主要閣僚は20日に南部ラノン県、21日に隣県のチュムポンを視察した。21日にチュムポンで開催した閣議では、農業の競争力強化、観光促進、交通物流インフラの整備などを南部開発の柱とする方針を決めた。

首相は閣議後の記者会見で、2019年前半に実施するとみられる民政移管のための議会下院総選挙について、2月24日に投票が行われるという見通しを示した。投票日については、ウィサヌ副首相が20日、早ければ2月24日、遅くても5月5日と述べていた。

軍政は下院総選挙で親軍政党が勝利しプラユット首相が続投するというシナリオを描いている。この目標に向け、地方での閣議を頻繁に開催し、予算の投下、地元政治家の引き抜きなどを進めている。既存政党側は、事実上の選挙活動だとして批判しているが、軍政により政党活動が禁止されているため、動きが取れない状況だ。
(newsclip.be 2018年8月22日 09時48分)

2015_07140039
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

広告

首相が現政権下での今年資産税導入を望む

ウィスット副財務相によれば、プラユット首相は遅延なく現政権下で固定資産税を導入したいと望んでいるという。これは、導入が2020年にずれ込むとの一部報道を否定するものとなっている。現在のスケジュールでは、固定資産税は来年1月1日に導入される予定。

なお、今のところ、現在の軍政に終止符を打って民政復帰を実現するために欠かせない手続きである総選挙は来年2月に実施の見通しとなっている。
(バンコク週報 2018年6月27日)

※2016年2月から相続税と贈与税が導入されています。

2015_02100081

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

バンコクでは、屋台の撤去が進んでいます

タイ・バンコクの人が集まる場所には、惣菜からデザート、飲み物を販売している屋台やお土産屋が所狭しと出店していましたが、軍事政権は、タイの屋台が食品業界の売り上げの圧迫・交通の妨げ・不衛生の温床になっていると指摘し、2017年4月に「屋台を2017年中に路上から一掃する」と声明を出しました。

各地で路上の屋台撤去に力を入れていて、バンコク都内の中華街や王宮周辺などで違法な市場や屋台を撤去しています。

年を追うごとに綺麗になっていく街の姿を目にする度に、もの寂しく感じる昨今です。

2014_04080134

2014_04080135

2014_04080144

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。