タイ観光で一番の問題はタクシー、2018年に逮捕された悪徳タクシー運転手は1万2千人超え

The Nationによるとタイ観光警察は2019年1月3日、悪徳タクシーから不法エンタテイメント施設まで、2018年1月から10月にかけて、数千件の取り締まり行ったと明らかにしました。

タイ観光産業においてもっとも問題なのはタクシーで、乗車拒否や高額請求等で逮捕されたタクシー運転手が12,679人にも及んでいます。

その内訳は乗車拒否が5,668人、メーター不使用が3,408人、高額請求が1,659人などとなっています。これだけ多くのタクシー運転手が逮捕されているにも関わらず、タクシー運転手の悪徳行為は減ることなく、改善されている様子は全く見られません。

さらにタイ観光警察は、無許可観光ガイド1,581人、不法外国人観光ガイドの同行者が390人、低品質のツアーオペレーター6,333人、観光客に不当に高額商品を販売した商人26人などを逮捕しています。
(タイランドニュース 2019年1月3日)

2011_08270091
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

国有地ビーチで勝手に「入場料」 タイ人2人逮捕

タイ当局は14日、南部プーケット島の国有地の砂浜、通称「フリーダムビーチ」に「入場料」をとって海水浴客を入れていたとして、タイ人2人を逮捕した。

「フリーダムビーチ」一帯の土地は民間人が所有権を主張し、事業を行っていたが、2016年に裁判所が国有地の保護林と認定し、立ち退きを命じていた。しかし、その後もこの民間人がビーチへの「入場料」を徴収し、1日平均1万バーツの収入を得ていたとみられる。
(newsclip.be 2018年11月15日 13時04分)

2014_10220098p
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク空港の手荷物受取エリアから高級トランクを盗む、転売目的の中国人男女2人逮捕

タイ警察は2018年11月3日午後1時40分頃、バンコク・スワンナプーム空港の手荷物受取エリアから高級トランクを盗んだ疑いで、中国系カナダ人の男(33歳)と中国人の女(22歳)を逮捕しました。

11月2日、日本からスワンナプーム空港に到着したアメリカ人女性が、手荷物受取エリアに自身のトランクが見つからないと係員に報告しました。タイ警察が空港内の監視カメラで確認したところ、アメリカ人女性のトランクをはじめ、多くのトランクを持ち運んでいる容疑者2人を発見。その翌日、スワンナプーム空港のチェックインカウンターで、香港へ向かうところだった2人を逮捕しました。

2人はリモワ(Rimowa )のトランクを転売目的で盗んでおり、これまで30回以上もタイを訪れて盗みを繰り返していたとのこと。リモワのトランクは1つあたり、3万から5万バーツで買い取られたそうです。
(タイランドニュース 2018年11月5日)

2012_11090003
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

アユタヤの公道をオートバイで暴走 52人逮捕、203台押収

タイ中部アユタヤ県で10月27日午前1時ごろ、警察と軍の合同チームがオートバイで公道を暴走する行為を取り締まり、若者など52人を逮捕するとともにオートバイ203台を押収した。逮捕者のうち1人は覚せい剤9錠を所持しており、3人は年少者だった。

同チームでは盗品のオートバイが売られている可能性があるとして、オートバイ修理店と改造オートバイ販売店も立ち入り検査した。
(バンコク週報 2018年10月29日)

buddha
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

大金を国外に持ち出そうとしたラオス人3人逮捕

ラオスと国境を接する東北部ノンカイ県からの報道によれば、ムアン郡(県庁所在地)で10月11日、大金を隠し持って自動車でラオスに向けて出国しようとした女1人を含むラオス人3人が逮捕された。

車内に隠されていた現金はすべて1000バーツ札で合計3800万バーツ。3人は取り調べに対し、現金は自分たちのものだと説明するとともに、申告せずに外国に持ち出そうとしたことを認めたという。

警察は、違法薬物の密売など犯罪で得た現金である可能性があることから捜査を継続している。
(バンコク週報 2018年10月12日)

2013_07120138          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?