バンコク、偽バイアグラ販売等で13人逮捕

バンコクのスクンビット周辺で2019年2月21日夜から翌朝にかけて、偽のバイアグラを販売するなどしていた13人が逮捕されました。タイ現地大手英字メディアのNationが伝えています。

■Eight foreigners, five Thais arrested over fake viagra sales in Bangkok(バンコクで、偽のバイアグラ販売をしていた外国人8人、タイ人5人逮捕)|Nation

報道によるとタイのイミグレーション警察は、タイ経済警察、タイツーリストポリスとの合同捜査として、2月22日の金曜の夜から翌朝にかけてバンコクのスクンビットエリアの17か所を捜査し、偽のバイアグラを販売していた外国人8人、タイ人5人の合計13人を逮捕しました。

本捜査には、捜査時からバイアグラの製造元であるファイザー社を代表してケビン・ハミルトン氏も同行して行われました。

イミグレーション警察は、ファイザー社のハミルトン氏の指摘を引用して、偽のバイアグラは危険な物質で作られている点を説明しました。その偽バイアグラは、本物なら一箱3000バーツ程度の所、一箱わずか200バーツなどで販売されていました。

今回の捜査で、118箱の偽バイアグラと、1,667の規制薬物、396の大人のおもちゃ、345の偽のブランド品が押収されました。

報道されている概要は上記の通りです。

捜査段階からファイザー社の代表が同行し、警察の記者会見にもファイザー社の代表者が出られているので、上記のNationの記事の写真にはファイザー社のケビン・ハミルトンさんも写られています。

バンコクの中心部のスクンビットなどでは今回摘発されたように、違法な偽バイアグラや、大人のおもちゃ、規制薬物、偽ブランド品などを違法に販売している屋台などがあります。

しかしながら、タイではこれらの販売は勿論、購入者が所持しているだけでも違法となりうるものですから、このような事件に巻き込まれないように皆様気をつけられて下さい。
(パタヤニュース by PJA 2019年2月24日)

2014_04080166
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

邦人男性狙った詐欺、タイ人男性を逮捕

4日、邦人男性を狙って現金をだまし取っていたタイ人男性(43)が、バンコク都内パヤータイ区内で逮捕された。

タイ地元紙によると、男性は女装姿でスクンビットやシーロム地区で、邦人男性に香港や台湾からの旅行者を装い、財布を落として困っていると声をかけて現金をだまし取っていたそうだ。

以前何度か逮捕されたが、釈放されると犯行を繰り返していた。10年以上前から犯行を繰り返しており、被害額は1000万バーツを超える。遊び代やオンライン賭博代に使っていたと供述している。

この男性は、在タイ日本大使館から注意喚起が出るほど、邦人男性を狙って犯行を繰り返していた。
(タイ通 2019年2月5日 15時29分)

2014_04060241
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ警察 オーバーステイ、不法入国などの外国人382人を逮捕

警察当局はこのほど、1月25日にバンコクと近隣県の217カ所で手入れを行い、不法入国など法律違反の外国人を382人逮捕したと発表した。
逮捕容疑は、13人(イラン人4人、ラオス人3人、ロシア人2人、米国人、インド人、中国人、モンゴル人それぞれ1人)がオーバーステイ、252人(ラオス人94人、ミャンマー人86人、カンボジア人68人、ベトナム人2人、インド人、韓国人それぞれ1人)が不法入国などとなっている。
(バンコク週報 2019年1月28日)

2014_04060242
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

路上検問で激しく動揺 タイ人男女逮捕、覚醒剤200万錠押収

タイ警察は12日、北部ラムパン県で実施した路上検問で、ピックアップトラックに積んだ覚醒剤約200万錠を押収し、乗っていたタイ人の男(37)と女(30)を逮捕した。

検問で運転席の男が運転免許証の代わりにATMカードを警官に渡したり、助手席の女が顔面蒼白になり震えていたことなどから、警官が不審に思い荷台を調べ、覚醒剤を発見した。
(newsclip.be 2018年12月16日 22時31分)

20180628
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

パタヤでインド人観光ガイドの男を逮捕、タイで外国人ガイドは違法のため

各報道によると、パタヤ観光警察は2018年12月12日、ツアーガイドとして不法就労していたインド人の男(53歳)を逮捕したと明らかにしました。

インド人の男は、ビーチリゾートとして知られるパタヤを拠点とする旅行会社「Wanalee Island Tour」に所属し、ツアーガイドとしてインド人観光客を案内する役目を担っていました。

タイでは、ツアーガイドはタイ人の仕事であり、外国人がツアーガイドに就くことは認められていません。そのため外国人ツアーガイドの有罪が確定すれば、2000バーツから1万バーツの罰金か最長5年の禁錮、またはその双方が科されることになります。
(タイランドニュース 2018年12月13日)

2016_09240018          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!