タイ正月の帰省渋滞緩和を、運輸省「移動日をずらして」

タイ運輸省は、2021年タイ正月の帰省での交通渋滞を緩和するため、バンコクから300キロ以内に住む人々を対象に「Near to Home and Far from Home」キャンペーンを開始しました。4月4日のNNT- National News Bureau of Thailandが伝えています。

運輸省サックサヤーム・シットチョーブ大臣によるとこのキャンペーンは、ピーク時のバンコクの交通量を軽減することを目的としており、全員が同じ日に移動するのではなく、日をずらして移動することを推奨しています。

キャンペーンでは、バンコクから300キロ以内を移動する往路の旅行者には4月11日から12日に往路の移動を開始し、4月15日から16日に復路の移動を開始するよう協力を求めています。

(タイランドニュース 2021年4月5日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

「バンコク都市鉄道レッドラインの運賃が高い」と運輸省が値下げを命令

2021年3月26日より試験運行が開始されるタイ国鉄(SRT)レッドライン。2021年11月より正式にランシット駅↔バンスー駅↔タリンチャン駅が開通予定ですが、運輸省が「運賃が高い」と値下げ命令を発しました。

各報道によると運輸省はレッドラインを運営するタイ国鉄に対し、レッドラインの運賃がMRTブルーラインに比べて高額であるとして、値下げするように命じました。

タイ国鉄は、バンスーからランシットまでの26kmの運賃を1kmあたり2バーツに、バンスーからタリンチャンまでの15kmの運賃を1kmあたり1.5バーツに設定しました。

しかし運輸大臣は3月18日、なぜ2つのルートの運賃が異なるのか、なぜブルーラインの1kmあたり0.88バーツよりも高額なのか、タイ国鉄は説明の必要があると述べました。大臣はタイ国鉄に、1ヶ月間改訂された運賃を導入するように命じたとのこと。

なおレッドラインの3月26日から7月28日の試験運行では、一般市民は無料で乗車が可能です。

(タイランドニュース 2021年3月19日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ 交通事故死は1日45人 運輸省目標は年間6640人未満

タイでは交通事故で1日平均45人が死亡し、2523人が負傷しているという。これは、交通事故被害者保護社が今年1~10月期の交通事故データをまとめたもの。同期間、交通事故で1万3692人が死亡し、75万7010人が重軽傷を負った。

また、運輸省陸運局では、来年の交通事故死を10万人当たり10人未満に減らすことを目標に交通事故対策が講じている。タイの総人口は6640万人。そのため、同局では年間の交通事故死を6640人未満としたい考えだ。ただ、今年はすでに年初からの10カ月で1万4000人近くが死亡しており、並大抵の努力では目標達成は困難との見方が支配的だ。
(バンコク週報 2019年11月4日)

2015_02100100
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

税金・登録料引き下げで環境に優しい車の普及促進へ 運輸相が提案

バンコク首都圏が直面している大気汚染問題を解決するひとつの手段として、サクサヤム運輸相はこのほど、環境に優しい車への切り替えを促進すべく電気自動車やハイブリッドカーなどの税金税率と車両登録料金を引き下げることを提案した。さらに汚れた排気ガスをまき散らしている車両の税率や登録料金は引き上げられる可能性があるとのことだ。

さらに、短期的な大気汚染対策として運輸省は公害対策局と協力してバンコク首都圏でバスと大型トラックの排ガス検査を強化する予定。
(バンコク週報 2019年10月3日)

2006_11240063.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

運輸相、タクシー料金引き上げ報道を否定

先日運輸省がタクシー料金を1ヶ月以内に値上げすると発表され多くのメディアが報道したが、今日(9日)になって値上げはまだ確定していないと報道を否定している。

タイ地元紙によると、サックサイアム運輸相は、タクシー業界団体との会合で団体からタクシー料金の要望を聞いたが、値上げを決定したわけではないと語っている。

値上げについては関係機関と検討し、1ヶ月以内に何らかの発表をする予定としている。
(タイ通 2019年8月9日 17時34分)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!