バンコク等からのチェンマイ訪問は14日間の隔離検疫

バンコク都の娯楽施設を中心に発生した新型コロナウイルスのクラスターにより、感染がタイ全国への広がってきています。2021年4月8日のCCSAの発表では、28都県で新たに391人の陽性を確認。北部チェンマイ県では、5人の陽性が確認されています。

チェンマイ県では同日、危険地域(バンコク都、ノンタブリー県、パトゥムターニー県、サムットプラカン県、ナコンパトム県)からチェンマイ県を訪れた人には、自宅や宿泊施設での14日間の自己検疫を課すと発表しました。

またチェンマイ県を訪れる全ての人は、アプリ「CM Chana」に登録する必要があります。

さらにチェンマイ県内のバー、パブ、カラオケなどの娯楽施設は4月9日から7日間閉鎖するとし、飲食店でのアルコール販売も禁止となりました。

(タイランドニュース 2021年4月9日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

パタヤ市は4月1日からの「エリア検疫」の準備完了、20以上のホテルが登録済み

「エリア検疫」とは、タイ入国後の隔離検疫で最初の3日間を自室のみで過ごし、検査で陰性が確認されればホテル内を自由に移動できるというもの。「エリア検疫」試験版を実施する地域として、チェンマイ、プーケット、スラタニ(サムイ島 パンガン島 タオ島)、クラビ、チョンブリが選ばれました。

チョンブリ県パタヤ市のソンタナー・クンプルーム市長は自身のFacebookで2021年3月21日、パタヤ市は4月1日から「エリア検疫」を実施する準備が完了し、20以上のホテルが「エリア検疫」の施設に登録を行ったと明らかにしました。

なお4月1日からは、隔離期間が現在の14日から10日日短縮されることが伝えられています。

(タイランドニュース 2021年3月22日)

(photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ入国後の隔離検疫10日をCCSAが承認、10月1日から隔離なしの計画

タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)は2021年3月19日(金)、保健省の提案に従って4月1日から、タイ入国後の隔離検疫期間を14日から10日に短縮することを承認しました。

またタイCOVID-19状況管理センターのスポークスパーソンであるタウィーシン・ウィサヌヨーティン博士は、6月からのさらなる緩和と、10月からの隔離検疫なしの計画も明らかにしています。

博士によると計画では、4月1日から6月30日まで、隔離検疫中も管理されたエリアでの屋外運動、プール、フィットネスセンターの利用が許可されます。また検疫エリア外の食品や製品を購入することも許可されます。

7月1日から9月30日までは、隔離検疫中もホテルのダイニングホールで食事をしたり、スパやマッサージを受けることができるようになります。

10月1日以降は、国家伝染病委員会の監視リストに指定された国からの旅行者のみが、検疫検疫を受けるように計画しています。

(タイランドニュース 2021年3月20日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

4月からワクチン接種でタイ入国後の隔離検疫を7日間に短縮

現在タイ政府は入国する全ての人に14日間の隔離検疫を義務付けていますが、今後は新型コロナウイルスワクチンを接種することで隔離が7日間に短縮されます。

アヌティン・チャーンウィラクーン副首相兼保健大臣は2021年3月8日、旅行者がタイ入国から3ヶ月以内に新型コロナウイルスワクチンを接種していて接種証明書と陰性証明を所持していれば、タイ入国後の隔離期間を7日間に短縮すると明らかにしました。4月から実施されます。

またワクチン接種をしていなくても陰性証明書を持っていいれば、隔離期間は10日間になるとのこと。

なおこれらの措置は、アフリカからの旅行者には適用されません。引き続き隔離検疫は14日間となります。

(タイランドニュース 2021年3月8日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

男女7人ミャンマーから密入国、タイ人カジノ従業員を逮捕

2020年11月末より、ミャンマーから不法な手段で国境を超えてタイ人が続々と帰国。その中の一部が新型コロナウイルスに感染しており、隔離検疫を受けずに街を出歩いたため、タイ国内で感染を広げたと大問題になりました。

各報道によるとタイ北部ターク県メーソートの検問で2021年2月13日、不法な手段でタイに入国したタイ人の男4人と女3人を逮捕しました。

警察がタイ人運転手(48歳)の白いバンを確認したところ、車内で男4人、女3人の合わせてタイ人7人を発見。7人は、メーソートと国境を接するミャンマー・ミャワディーにあるカジノ「ジャックドラゴン」の従業員で、手続きをせずにタイに入国をしたことを自白しました。彼らはタイとミャンマーの国境であるモエイ川を渡るために、それぞれ9000バーツを支払っていたようです。

なおメーソート地区の保健当局が7人の体温を測った結果、全員が正常でした。7人は14日間の隔離検疫を経た後、法的手続きが行われます。
(タイランドニュース 2021年2月14日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!