タイ政党支持率 タクシン派28%、軍政派17%

タイ国立開発行政研究院(NIDA)が12月24日~26日に18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者1252人)で、「国民が必要とする新年の贈り物をプレゼントすることができる政党」の1位は軍事政権と対立するタクシン元首相派の「プアタイ党」で27.7%だった。

2位は軍政派の新党「パランプラチャーラット党」で16.5%、3位は保守中道で反タクシン派の「民主党」で16.4%、4位は軍政との対決姿勢を鮮明にしている新党「新しい未来党」で5.9%だった。
(newsclip.be 2019年1月3日 00時22分)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

日系企業のタイ政府への要望、1位は「関税、通関」 バンコク日本人商工会議所調査

バンコク日本人商工会議所が5、6月に会員企業を対象に行った2018年上期の日系企業景気動向調査(回答企業557社)で、タイ政府への要望事項(複数回答)は「関税や通関にかかわる制度や運用の改善」が48%と最も多かった。

次いで「景気対策(公共インフラ整備など)の推進」(46%)、「バンコク首都圏の交通インフラ整備」(43%)、「法人税など税制の運用の改善」(32%)と続いた。
(newsclip.be 2018年8月12日 23時27分)

2017_06180663          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

【タイ国際航空】エコノミークラス2年連続1位に輝くー「ワールド・エアライン・アワード」

2018年7月19日、タイ国際航空は、スカイトラックス社「ワールド・エアライン・アワード」で3部門を受賞したことを発表した。

英国の航空業界専門の調査会社であるスカイトラックス社が行った「2018 ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で、エコノミークラス全般の品質とサービスについての利用者からの評価と、エコノミークラスの機内食の評価が2年連続で1位に輝いた。

また、「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」を4年連続で受賞でした。受賞の対象となったラウンジは、バンコク・スワンナプーム国際空港、コンコースDに位置するロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ。

ロイヤルファーストクラスの利用者には、首や肩、足マッサージに加え、全身のスパトリートメントを提供。ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)の利用者は、首・肩マッサージまたはフットマッサージをチョイスできる。このサービスは先着順で受け付けている。

タイ国際航空は、優れた航空会社を総合的に評価する「The World’s Best Airlines 2018」では10位にランクアップした。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年7月19日 10時45分)

2015_02100045
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

旅行先としてタイが最も危険?保険会社によるランキングに中国ネットは「中国が一番安全」、その理由は…

2018年6月22日、海外網は、旅行先として危険な国ランキングについて紹介する記事を掲載した。

記事は、「英国の保険会社のEndsleighが作成した、旅行先として危険な国ランキングが最近公表された」と紹介。それによると、「最も危険な国はタイで、17年に支払われた保険金の約4分の1がタイで発生した事案だった」と伝えた。

2位は米国とチリが並び、支払われた保険金の総額に占める割合はそれぞれ約15%だったという。また、スペイン(8%)、ドイツ(8%)、フランス(7%)とヨーロッパの国がランク入りしたほか、トップ10にはネパール、ペルー、バハマ、ブラジルが入ったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これは明らかに旅行者数と関係があるだろう」「タイへ行く外国人が多いからだろう。これで危険というなら南極が一番安全ということになる」「全然危険だとは思わないけどね。むしろタイは旅行に最も適したところだ」などのコメントが多く寄せられた。

また、「これは純粋に保険会社の角度から見たランキングにすぎない。タイへ旅行に行く人が多いのだから、アクシデントが起きる確率も高いというだけのこと」という指摘や「中国が一番安全だって。なぜなら中国は外国人を特別扱いするから」というユーザーもいた。
(Record China 2018年6月25日 09時20分)

※支払われた保険金額だけで安全性を判断するのはおかしいのでは…

2015_02120051

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。