タイ国内の物価が16カ月連続で上昇 生鮮品は値下がり

タイ商業省は11月1日、10月も物価が前年同月を1.23%上回ったと発表した。これで16カ月連続しての物価上昇となった。

ただ、生鮮食品および青果物は値下がりしたため、10月の上昇率は9月の1.33%を下回った。

また、今年1~10月期に関しては、前年同期比で1.15%の物価上昇だったが、これは商業省の想定0.8~1.6%の範囲内となっている。
(バンコク週報 2018年11月2日)

2014_04060177
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?