タイで家庭内喫煙を禁止する法律が2019年8月20日より施行

タイは喫煙に関して厳しい国で、2019年2月からは、公共機関の入り口から5メートル以内の喫煙を禁止する法律が施行されています。ただし実際に取り締まりは行われていないのか、飲食店の入り口が喫煙所となっているところは、現在も多くあります。

そんな中、2019年8月20日から施行される家族制度促進・保護法により、家庭内喫煙が禁止となります。ただし罰則は確定しておらず、法律がどのように執行されるかは明らかではありません。

なおこの措置は、家庭内での受動喫煙による被害を減らすためとのこと。

タイ保健省によると、2018年は喫煙が原因の病気で54,512人が死亡。またタバコ規制研究・知識管理センター所長によると、2018年は受動喫煙で8,278人死亡しました。
(タイランドニュース 2019年6月22日)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

2019年ゴールデンウイーク 人気の海外旅行先トップ5、バンコクもランクイン!

間もなくゴールデンウィークの10連休。もう旅行の予定は決まりましたか?令和に変わる瞬間を日本で過ごしたいと思う一方、せっかくの長期休暇ですから海外で、タイでたっぷりとゆっくりと滞在する人も多いですよね。

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパン株式会社は2019年4月12日、「2019年ゴールデンウイークの旅行動向」を発表しました。やはりタイは人気の旅行先の様です。

・2019年ゴールデンウイーク 人気の海外旅行先トップ5

海外(都市別)
1 ソウル(韓国)
2 バンコク(タイ)
3 台北(台湾)
4 ホノルル(アメリカ)
5 香港

日韓関係は最悪と言っても、近い、安いで韓国・ソウルを訪れる人は多いのですね。タイ・バンコクは安定の人気で、台北、ホノルル、香港と続きます。

なお国内旅行に関しては以下のランキングになっています。

国内(都道府県別)
1 沖縄県
2 北海道
3 東京都
4 福岡県
5 大阪府

沖縄に北海道は、タイ人にも人気の観光地。また5位までのいずれの都市も、LCCがバンコクへの直行便を飛ばしています。
(タイランドニュース 2019年4月12日)

2015_02110092
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

2019年もタイ・フェスティバルに行こう!【東京・大阪・名古屋・仙台の日程】

タイ大好き!タイ料理大好きな!な人々お待ちかねのお祭り「タイ・フェスティバル」。2019年もすでに東京・大阪・名古屋・仙台での開催日程が発表されています。

美味しいタイ料理がたっぷり食べられる「タイ・フェスティバル」ですが、やっぱり一番のお楽しみがタイから招聘されるタイ人歌手の無料コンサート。今年の出演は誰になるのでしょうか!?
【第20回 タイ・フェスティバル 2019 】
[日程]
2019年5月11日(土)・12日(日)
[会場]
代々木公園
[ウェブ]
http://www.thaifestival.jp/
【第17回タイフェスティバル2019大阪】
[日程]
2019年5月18日(土)・19日(日)
[会場]
大阪城公園太陽の広場
[ウェブ]
http://www.thaifestival.jp/
【タイフェスティバル in 名古屋 2019 】
[日程]
2019年6月1日(土)・2日(日)
[会場]
久屋大通公園「久屋広場」
[ウェブ]
http://www.thaifestival-nagoya.jp/
【第7回 タイフェスティバルin仙台2019】
[日程]
2019年6月8日(土)・9日(日)
[会場]
勾当台公園市民広場
[ウェブ]
http://www.thaifestival-sendai.com/
なお、2018年には静岡と福岡でもタイフェスティバルが開催されており、2019年の開催発表が待たれます。
(タイランドニュース 2019年3月2日)

DSC00012
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

老舗ホテル「オリエンタル・バンコク」 2019年に大規模改装

バンコクのチャオプラヤ川岸の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」が2019年3月から12月にかけ大規模な改装を行う。

約20億バーツを投じ、客室棟「リバーウイング」とロビー、プール、レストランの「ロードジム」、「ヴェランダ」、「リバーサイドテラス」などを改装する。

「リバーウイング」は総客室数を338から301に減らす一方、スイートルームを30室から46室に増やす。2019年10月にリニューアルオープンする予定。

客室棟の「オーサーズウィング」と「ガーデンウィング」、フランス料理店「ル・ノルマンディー」などは改装期間中も営業を続ける。

「マンダリン・オリエンタル・バンコク」は1876年開業。現在は香港のホテル会社マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループが「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の持ち株会社OHTLの株式42.4%を所有し、運営を行っている。
(newsclip.be 2018年11月27日 21時38分)
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

順調なタイ観光市場 19年はGDPの18~19%に

タイ国政府観光庁(TAT)は、外国人観光客数が2018年に3750万人、19年には4000万人に達すると予想している。また、19年の観光収入は前年比10%以上の3兆4000億バーツ(約11兆3000億円)に拡大すると予測する。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

TATのユタサック・スパソーン総裁は19年の観光収入について、外国人で2兆2800億バーツ、国内の観光客で1兆1200億バーツになると予想した。また、19年は外国人観光客数の4000万人に対し、国内の観光客数が1億6900万人になるとしている。同総裁は「観光業は国内総生産(GDP)の18~19%を占め、今後も拡大が予想される」と述べた。

TATは、少年ら13人が閉じ込められたタイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟を新たな観光スポットにすることも検討している。TATチェンライ事務所の担当者は「救助チームが少年らを発見して以来、洞窟は国内外の旅行者から関心を集めている」と説明した。
(SankeiBiz 2018年8月15日 05時52分)

2015_02110067

※中国人観光客がプーケットの転覆事故以降減少しているとのニュースが以前ありましたが、観光市場好調のようです。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。