タイ格安航空ノックエア、慢性赤字で債務超過 CEO辞任

タイの格安航空ノックエアの苦境が深まっている。

慢性赤字から脱却できず、6月末で債務超過に転落。運転資金が枯渇し、今月15日、筆頭株主であるタイ自動車部品大手サミット・グループのオーナー、ジュラーンクーン家から5億バーツを借り入れることを決めた。27日にはピヤ・ヨードマニ最高経営責任者(CEO)の辞任が発表された。

ノックエアは2014~2017年に約60億バーツの赤字を計上。昨年9月には創業株主で創業当初からCEOを務めてきたパティー・サラシン氏が大株主のタイ国際航空などの圧力に屈する形でCEOを退任し、副CEOだったピヤ氏が後任に昇格した。しかし、その後も経営は上向かず、今年1~6月期も8.6億バーツの赤字を計上した。

ノックエアは業績の低迷について、競争激化、運航遅延による旅客離れなどを挙げ、経営再建に向け、商品の調整、他業種を含む企業との連携などを進める方針を示している。ただ、市場はこうした方針に反応せず、株価は年初から3割以上下落した。

ノックエアは2004年、マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ進出に対抗するため、タイ政府系資本とタイ王室系資本が中心となり設立された。当初は筆頭株主であるタイ航空の格安部門と目されたが、パティーCEOが独自経営を行い、タイ航空とはぎくしゃくした関係が続いた。

2013年にタイ証券取引所(SET)に上場し、パティーCEOらは多額の上場益を得たが、その後は赤字経営が続く。2016年にはパイロットの集団退職で運休が相次ぎ、28億バーツの最終赤字を計上。運転資金を手当てするため2017年に実施した株主割当増資では、タイ航空が増資に応じず、出資比率が39.2%から21.8%に低下。その間にジュラーンクーン家が株式の取得を進め、今年3月5日時点で出資比率が50%を超えた。
(newsclip.be 2018年8月28日 21時01分)

2008_10150049          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

ノックスクート、関西/バンコク線に就航へ スクートとあわせ週7便

タイを拠点とする長距離格安航空会社のは、2018年10月29日(月)から、関西/バンコク・ドンムアン線に就航します。この航空券の販売は、8月22日(水)から開始します。

関西発は月、火、木、土でXW111便は8時30分、ドンムアン着は12時45分、ドンムアン発は月、水、金、日でXW112便は23時50分、関西着は翌日7時10分です。使用する機材は、スクートビズ24席、エコノミー391席、計415席の777-200を使用します。

ノックスクートのヨドチャイ・スティタナクルCEOは、「日本2番目の都市で、歴史情緒あふれる関西の玄関都市、大阪へ就航できることをとても嬉しく思います」とコメントし、すでに関空/バンコク間で4社が運航しているものの、魅力的な価格の提供で観光客の需要を押し上げるとコメントしています。

なお、スクートはすでに週3便で関空/ドンムアン線を運航しており、スクートとノックスクートのグループでデイリー運航となります。さらにバンコク以遠は、ノックエアに乗り継ぎもでき、タイ各地へ訪問しやすくなります。

この開設を記念し、ノックスクートは関西/バンコク線に特別価格を設定、8月24日(金)23時59分までの3日間限定でエコノミーで8,900円、スクートビズで21,900円から販売します。詳しくは、ノックスクートのウェブサイトを参照ください。

■関西/バンコク・ドンムアン線
XW111便 関西 8:30 / バンコク12:45 (月、火、木、土)
XW112便 バンコク 23:50 / 関西 7:10 (+1) (月、水、金、日)

期日: 2018/10/29から
(Fly Team 2018年8月22日 16時55分)

2016_09200027          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

格安航空会社スクート、原油価格の高騰で値上げ

格安航空会社(LCC)スクートは2018年8月6日、原油価格の高騰により、2018年9月1日からの運賃値上げを発表しました。

運航費用の約32%を占める燃油費が前年比31%押し上げられたことで、企業努力のみでは運賃の水準を維持するのが困難な事態となったとのこと。

<対象路線>
■追加予定額 800円(片道)
東京~台北
大阪~高雄
大阪~バンコク(ドンムアン)
札幌~台北
■追加予定額 1,600円(片道)
東京~バンコク(ドンムアン)
東京~シンガポール
大阪~シンガポール
大阪~ホノルル
札幌~シンガポール
(タイランドニュース 2018年8月6日)

2016_09200007          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ国際航空、ノックエアとマイル提携 搭乗で1区間最大250マイル

タイ国際航空は2018年7月31日(火)、タイの格安航空会社(LCC)のノックエアとマイル提携を開始しました。この提携で、タイ国際航空のマイレージプログラム「ロイヤルオーキッドプラス(ROP)」メンバーは、ノックエアに搭乗するとマイルがたまります。

マイル積算は、1区間につき運賃タイプが「ノックマックス」の場合250マイル、「ノックエクストラ」では150マイルたまりますが、「ノックライト」は積算されません。なお、マイルの自動加算を行うには、ROPメンバーIDをノックファンクラブの会員情報に登録する必要があります。

また、ノックエアを利用してためたマイルは、ロイヤルオーキッドプラスの会員ステータスを獲得するためのクオリファイングマイルにはなりません。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/07/31から
(Fly Team 2018年8月2日 22時10分)

2008_10150049          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

スクート、7月12日まで「飛んじゃえセール」 今月は片道7,900円から

シンガポールを拠点とする格安航空会社(LCC)のスクートは、2018年7月10日(火)11時から7月12日(木)まで、「飛んじゃえセール!」を開催しています。搭乗期間は路線によって異なりますが、最長で2019年2月3日(日)までの期間が対象です。

運賃額はいずれも片道で、成田/台北線と関西/高雄線が7,900円から、新千歳/台北線が8,900円から、成田、関西発着のバンコク・ドンムアン線が10,900円から、新千歳/シンガポール線が12,900円からなどと設定されています。

運賃額に加え、支払処理手数料などが別途必要ですが、燃油サーチャージは必要ありません。また、機体前方に設けられている「スクートビズ」の設定もあります。詳しい条件などはスクートのウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/07/10 ~ 2018/07/12
(Fly Team 2018年7月11日 13時05分)

2014_04050039.gif

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。