タイ北部、2021年に入り大気汚染が原因で25万人が治療

2021年に入ってタイ北部では、主に大気中の過剰なPM2.5が原因で、25万人以上が鼻や目の炎症の治療を受けています。

保健省タイ保健省疾病管理局(Department of Disease Control)のスワンチャイ博士は2021年3月11日今日(木)、北部地域の季節性大気汚染問題は、喘息、冠動脈疾患、眼感染症のような呼吸器疾患の人々に大きな影響を与えていると語りました。また幼児、高齢者、妊婦にも影響が大きいとのこと。

スワンチャイ博士によると2021年1月1日以降、北部17県の病院や診療所を訪れて治療を受けた人は25万5千人を超え、そのほとんどが45~54歳の年齢層でした。

スワンチャイ博士は、ほこりが原因の病気にかかりやすい弱い人々には、できるだけ屋外での活動を避け、屋外では適切な医療用マスク (N95マスク)を着用するよう勧めました。また呼吸困難、吐き気、胸の痛みなどの症状がある場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があるとのこと。

(タイランドニュース 2021年3月13日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

【PM2.5】バンコクの大気汚染レベルを電光掲示板にリアルタイム表示

現在タイは乾季の真っ只中のため、雨が降る日は非常にまれで過ごしやすい日々続くのですが、一方で大気汚染が問題になります。ニュースでは毎日のように「バンコクの大気汚染が最悪レベル!健康被害に注意!」などと伝えられます。

バンコク都はタイ王国警察と協力のもと、バンコク都とタイ王国警察が運営する街中の電光掲示板に、リアルタイムPM2.5大気汚染指数(AQI)を表示しています。

大気質の測定は都内70カ所にある大気質測定局から行われ、午前6時から午前8時、午前11時から午後1時、午後5時から午後7時まで画面に表示されます。表示されるデータは、15秒ごとに更新され、最新の情報が提供されます。
(タイランドニュース 2021年2月6日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

【PM2.5】乾季のバンコク、大気汚染が悪化

12月半ばのタイは乾季真っ只中。朝晩は涼しく、日中も暑すぎず、雨が降らない好天の日が続いています。しかし一方で問題になるのが大気汚染。時に微小粒子状物質(PM2.5)の濃度レベルが、健康を害するレベルになることも…。

2020年12月12日(土)タイ時間午前10時現在、バンコクの大気汚染指数は最高で「167」。当局によるとバンコク首都圏では、47の地域で基準値を越えているとのこと。

咳や呼吸困難、目の炎症などの症状がある場合、特に高齢者や子ども、呼吸器系に疾患のある方は、屋外での活動時間を短くするようにと呼びかけが行われています。
(タイランドニュース 2020年12月12日)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!